床下収納の使い勝手はどう?トヨタC-HR/CHRの荷室・ラゲッジルーム

トヨタから新しいコンパクトSUVのC-HR/CHR
2016年12月に新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型SUVはデザイン性を優先したために荷室・
ラゲッジルームが狭く、使い勝手が悪いの欠点の一つ。

>>> トヨタC-HRとヴェゼルの荷室比較【サイズはどのくらい異なる?】

そんなC-HR/CHRの荷室・ラゲッジルームですが、床下収納を備えています。

今回新発売されたこの新型SUVの荷室・ラゲッジスペースに備わっている
床下収納はどのようなデザインになっているのでしょうか?また、使いが手は
どうなので、しょうか?

先日、このクルマの床下収納を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタC-HR/CHRの床下収納の画像レビュー

今回トヨタから新発売されたC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペースは、
このようなデザインになっています。

やはり荷室の高さも奥行きも狭いですよね。

そして、この荷室・ラゲッジスペースのフロア部分を持ち上げると、
床下収納が登場します。

実際にこのクルマの床下収納を持ち上げると、このようなデザインの
床下収納が登場します。

サイドの部分には、パンク修理キットなどが装備されるので、荷物や
アイテムを置くことができるのは、仕切りで分けられた中央部分のみ。

実際にこのC-HR/CHRの床下収納を確認してみても、使い勝手は
それほど良く無い感じが…。

仕切りが取り外しできない固定タイプとなっているので、大きい荷物・
アイテムを収納する事はできません。

個人的には、仕切りを取り外し、また、位置を変更できる可変タイプに
してくれたら、もう少し床下収納のサイズが広くなり、使い勝手が格段に
良くなるのかなと感じました。

ちなみに、C-HR/CHRの荷室フロアはこのようにサイドにある突起の
部分に引っ掛けて固定する事が可能です。

そのため床下収納への荷物の積み下ろしはしやすい印象が…。
他のトヨタのクルマもこのような工夫が施されていますが、この固定方法は
とても良いと思いました。

ハイブリッド車とターボ車で床下収納のサイズは異なる

このようなデザインになっているC-HR/CHRの床下収納ですが、
実はハイブリッド車とターボ車で床下収納のサイズが異なります。

こちらはハイブリッド車の床下収納。

そして、こちらはガソリン車の床下収納。

この2台のモデルの床下収納の違いがわかりますでしょうか?

実はターボエンジンを搭載しているガソリン車よりもハイブリッド車の方が
後方の床下収納部分のスペースが約20mmほど深くなっています。

よ~くガソリン車とハイブリッド車を見比べれば違いに気づくと思いますが、
ただ、使い勝手にはそれ程影響が無いように感じました。

このクルマを試乗させて貰った時にディーラーさんが、
「C-HR/CHRのハイブリッド車とガソリン車では、床下収納のサイズが
違うんですよ~」と言ってきたので、もう少し大きな違いを期待していました。

ただ、思った以上に違いは無く、個人的は少々残念でした。

ちなみに、このC-HR/CHRではメーカーオプションでスペアタイヤを
装備する事が可能です。ただ、スペアタイヤを装備すると、
床下はこのようなデザインになり、収納スペースがなくなります。

■スペアタイヤ装着時の床下収納

このようにスペアタイヤを装備すると、床下収納がなくなってしまうので、
注意をしてくださいね。

今回トヨタから新発売されたコンパクトSUVのC-HR/CHRの
荷室・ラゲッジルームに装備されている床下収納は、このようなデザインに
なっていました。

ただ、ハイブリッド車・ガソリン車ともに床下収納のスペースは大きく無いので、
過度な期待はしては、いけないのかなと思いました。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、床下収納の使い勝手なども
しっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です