トヨタ新型C-HR/CHRの運転席【座り心地や見晴らしを徹底解説】

クーペのようなスタイリッシュなデザインが特徴のトヨタの
コンパクトSUVの新型C-HR/CHRが新発売されましたね。

今回新発売されたコンパクトSUVはデザイン性にこだわっただけあって、
内装・インテリアもおしゃれなデザインに…。

ダイヤモンドをモチーフにした上品なデザインになっているインパネの
デザインなども好印象だったのですが、運転席のデザインや座り心地なども好印象。
ベースとなっているプリウス(Prius)よりも良いように感じました。

そんな新型C-HR/CHRの運転席はどのようなデザインだったのか?

先日、試乗をした時にこの新型SUVの運転席のデザインや座り心地などを
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ新型C-HRの運転席:デザイン性&座り心地を徹底チェック

今回トヨタから新発売された新型C-HR/CHRの運転席は、
このようなデザインになっています。

こちらは下位モデルのSグレードの運転性。

一方、こちららは上位モデルのGグレードに運転席。

ちなみに、上位モデルのGグレードは、メーカーオプションで
本革シートに変更する事が可能です。

このように見比べると、シートのデザイン性はやっぱり異なりますよね。
上位モデルのGグレードは大人っぽい落ち着いた感じのブラウンカラーを
採用しており、高級感のあるデザインに…。

また、上位モデルのG/G-Tグレードでは、キルティング加工を施しており、
座った時の肌触りが良いのも好印象でした。

運転席に座ってみると…

今回トヨタから新発売された新型C-HR/CHRはSUVの中でも背が低い
スタイリッシュなデザインになっているので、運転席の位置は
それ程高くないのかなと思っていました。

しかし、実際にこの新型C-HR/CHRの運転席に座ってみると、
思ったよりも高い…。ベースとなっているプリウスよりも着座位置が高く、
SUVらしい視界(アイポイント)の高さ、見晴らしの良さになっているように感じました。

また、今回新発売されたこの新型SUVは、全グレード共通して
シートの高さを調節できる”シートリフター”が標準装備されています。

そのシートリフターをいつもより若干高めに設置すると、前方の視界性も
また、メーターとの位置関係もしっくりとする感覚が…。

この視界性の良さ、メーターなどの見やすさは、個人的には好印象でした。

シートの座り心地も好印象

また、今回新発売された新型C-HR/CHRの運転席の座り心地も好印象。

このクルマの運転席はフカフカとした座り心地ではないのですが、
座るとお尻が若干沈み込んで、フィットして一体感を感じる座り心地。

また、座面が奥の方が低くなっている所謂”手前上がり”になっているので、
お尻から太もも・膝裏までしっかりとカバーしてくれるので、長時間座っても
疲労感を感じにくいシートになっているのかなと感じました。

また、この新型C-HR/CHRの運転席に座ってみて良いと思ったのが、
サイドサポートの良さ。

このクルマの運転席のサイドサポートは、ベースとなっている
プリウス(Prius)よりも大きくしっかりとしたデザインになっているようです。

元々このクルマはSUVという事もあり、スピードを落とさないでカーブに
突入すると、大きなロールを感じる事があるのですが、サイドサポートが
しっかりとしているので、体の姿勢が崩れませんでした。

なので、山道のワインディングロードをスポーティにスルスルと
走り抜けたい時にもピッタリ!

この体の体勢をしっかりとサポートしてくれる新型C-HR/CHRの運転席は、
とても良いと思いました。

今回トヨタから新発売された新型C-HR/CHRの運転席は、このような
デザイン&座り心地になっていました。

高級感のあるデザインは当然のことながら、座った時のフィット感や、
長時間ドライブでも疲れにくいデザインになっているのは、とても良いと思いました。
また、高級SUV新型C-HR/CHRにピッタリのシートデザインになっているように感じました。

もしこれからこの新型SUVの試乗にいかれるのなら、ぜひとも運転席の
座り心地やフィット感、運転席からの視界など隅々までチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です