トヨタC-HR/CHRと現行型プリウスを比較【乗り心地にどんな違いが?】

個性的なデザインが特徴のC-HR/CHRが、2016年12月、トヨタから
新発売されましたね。

トヨタから新発売されたこの新型SUVは、同じプラットフォーム”TNGA”を
採用している現行型プリウスのクロスオーバーバージョンと言われています。

そんなC-HR/CHRと現行型プリウスですが、実際にそれぞれのクルマを
運転してみると、乗り心地や走破性に違いを感じます。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたC-HR/CHRと
現行型プリウスの乗り心地や走破性には、どのような違いが
あったのか私が試乗した時に感じた事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

C-HRとプリウスの違い1:視界性

C-HR/CHRと現行型プリウスを試乗した時に驚いたのが、
運転席に座った時の視界性。

現行型プリウスの特徴の一つは先代モデルよりも59mm低くなった運転席の着座位置。

このクルマの運転席に座ってみると、スポーツカーに乗っていると錯覚するくらいの
低さになっています。なので、トラックなど背の高いクルマに囲まれると、圧迫感を
感じます。

一方、今回トヨタから新発売されたC-HR/CHRは、現行型プリウス(Prius)と
比較すると、運転席の着座位置がかなり高くなっています。

ディーラーさんに話を聞いたところによると、FF車で105mm、4WD車で120mmほど
現行型プリウス(Prius)よりもC-HR/CHRの方がアイポイントが高くなっています。

このC-HR/CHRもホンダのヴェゼル/ベゼル(VELZEL)など他の競合車・
ライバル車と比較すると、アイポイントは低めになっているようですが、
現行型プリウス(Prius)と比較すると、一目瞭然。

遠くまで見渡せるようなSUVらしい視界性の良さが楽しめるのは、
このクルマの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

C-HRとプリウスの違い2:乗り心地

また、C-HR/CHRと現行型プリウス(Prius)では、乗り心地も異なります。

若干固さがある乗り心地に違いはありませんが、C-HR/CHRの方が
よりしっとりとしていて、フラットな乗り心地。また、キビキビと走る感じでなく、
ゆったりとエレガントに大人の乗り心地になっているように感じました。

一方、C-HR/CHRと比較すると、現行型プリウス(Prius)のスポーティーで
キビキビとした乗り心地。車体重量の違いもあるかと思いますが、
現行型プリウスの方が軽やかでキビキビした乗り心地。

■C-HRと現行型プリウスの車体重量
プリウス(FF車):1,360kg
C-HR    (FF車):1,440kg

特に違いを感じたのが、発進時の加速力。

車体重量が軽く、低重心な現行型プリウス(Prius)は、アクセルを踏み込むと、
かっ飛ばすようにグググ~っと気持ちよく加速をしていきます。

一方、C-HR/CHRはもっさり感はそれ程感じないのですが、
ゆっくりと滑らかに加速をしていきます。

もしスポーティーでキビキビとした走りが好みの方は、C-HR/CHRよりも
現行型プリウス(Prius)の加速感&乗り心地の方が好きなのかなと感じました。

C-HRとプリウスの違い3:カーブを曲がった時の安定感

また、C-HR/CHRの現行型プリウス(Prius)の乗り心地で大きな違いの一つが、
カーブを曲がった時の安定感。

車高&重心が高いC-HR/CHRの方がカーブを曲がっときのロールは大きめ。
ちょっとスピードを出したままカーブに進入すると、曲がる方向に
クルマが傾いているのがわかる乗り心地…。

このように少しスピードを出したままカーブに進入してもタイヤが
しっかりと路面に密着しているので、怖いと感じるシーンはないのですが、
ロールの大きさは、やはりSUVだなと思いました。

一方、低重心の現行型プリウスは、カーブを曲がった時の安定感が抜群に良い感じ。

元々低重心のためちょっとスピードを出した状態でカーブに突入しても
ふらつきをグッとこらえて、そのままカーブを駆け抜けてくれます。

私もこのクルマを試乗した時にちょっとスピードを出したままカーブに
突入してみたのですが、思ったよりもロール感を感じる事無く、スルリと
カーブ駆け抜けていってくれたので、とっても快適でした。

また、山道のワインディングロードをキビキビと走り抜けるには、
このクルマの方が良いのかなと思いました。

カーブを曲がった時の安心感・安定感は、C-HR/CHRよりも
格段に現行型プリウス(Prius)の方が良いのかなと思いました。

2016年12月にトヨタから新発売されたコンパクトSUVのC-HR/CHRと
人気ハイブリッド車の現行型プリウス(Prius)を試乗したところ、
乗り心地などにこのような違いがありました。

特に違いを感じたのは、運転席から視界性とカーブを曲がった時の安定感。

カーブを曲がった時の安定感は、低純真の現行型プリウス(Prius)の方が
断然に良かったです。

もしどちらのクルマを購入しようか迷っているのなら、
ぜひとも両方のモデルを試乗して、違いを体感してみてくださいね。
きっと乗り心地や視界性の違いにビックリすると思いますよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です