トヨタCHR/C-HRの航続可能距離【HV車とガソリン車との違いはどのくらい?】

クーペのような伸びやな見た目が特徴のトヨタのコンパクトSUVの
C-HR/CHRが発売されましたが、売れ行きはかなり良いようですね。

今回トヨタから新発売された新型SUVは、ハイブリッド車とガソリン車の
2つのパワートレーンで発売されています。

この2台のモデルの燃費は全く異なりますが、1回の給油で走行できる
高速可能距離はどのくらいなのでしょうか?また、ハイブリッド車と
ガソリン車でどのくらい違いがあるのでしょうか?

先日、今回トヨタから新発売されたCHR/C-HRのハイブリッド車と
ガソリン車のそれぞれのモデルの航続可能距離を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタC-HR/CHRの航続可能距離はどのくらい?

今回トヨタから新発売されたCHR/C-HRのハイブリッド車と
ガソリン車のJC08モード燃費はそれぞれこのようになっています。

■CHR/C-HRのハイブリッド車とガソリン車のJC08モード燃費
ハイブリッド車:30.2km/L
ガソリン車    :15.4km/L

ガソリン車は4WDのみと言う事もあり、燃費の差は大きいですね。

ただ、この2台のモデルでは、ガソリンのタンク容量が異なります。
それぞれのモデルのガソリンタンク容量は、このようになっていました。

■CHR/C-HRのハイブリッド車とガソリン車のガソリンタンク容量
ハイブリッド車:43リットル
ガソリン車    :50リットル

燃費があまり良く無い分、ガソリン車の方が7リットルほどガソリンタンクの
容量は多くなっているんですね。

このような燃費とガソリンタンク容量になっているCHR/C-HRの
ハイブリッド車とガソリン車ですが、ガソリンタンクを満タンにした時に
走行できる距離(航続可能距離)は、それぞれこのようになっていました。

■トヨタC-HR/CHRのハイブリッド車・ガソリン車の航続可能距離
・ハイブリッド車
30.2km/L × 43リットル = 1,290km
・ガソリン車
15.4km/L × 50リットル =   700km

CHR/C-HRのハイブリッド車とガソリン車の後続可能距離を確認してみたところ
500km以上の差が…。思ったよりも大きいですよね。

また、計算上ですが、ハイブリッド車は1回の給油で1,000km以上走れるのは、
とても良いと思いました。

実燃費ベースで計算した時の航続可能距離は?

ディーラーさんに確認したところ、このクルマの実燃費はカタログ上の燃費より
2割~3割程度落ちるそうなので、この数値通りにはいかないと思います。
(路面の状況や走り方にもよりますが…。)

実燃費ベースで計算すると、CHR/C-HRのハイブリッド車の後続可能距離は、
だいたい900 ~1,030km程度に落ちつきそうです。また、ガソリン車の
後続可能距離は、490 ~ 560kmくらいになりそうです。

やはり実燃費ベースで計算しても、後続可能距離はかなり異なりそうですね。

ガソリンスタンドに行く手間やコストパフォーマンスを考えると、
ガソリン車よりもハイブリッド車の方が良いのかなと思いました。

ちなみに、CHR/C-HRの航続可能距離はメーターの中央に装備されている
マルチインフォメーションディスプレでも確認する事ができますよ。

■C-HRのマルチインフォメーションディスプレイ

もし試乗をする機会がありましたら、マルチインフォメーション
ディスプレイに表示されるマルチインフォメーションディスプレイの
表示項目を確認してみるのも良いかもしれませんね。

今回トヨタから新発売されたCHR/C-HRのハイブリッド車とガソリン車の
航続可能距離を確認してみたところ、それぞれこのようになっていました。

ハイブリッド車は2WD、ガソリン車は4WDのみと言う事もあり、
思ったよりも1回の給油で走行できる距離に違いがあると思いました。

この航続可能距離の違いもハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つです。

もしどちらのクルマを購入しようか迷っているのなら、この後続可能距離の
違いもしっかりと念頭に入れて、グレード選びをした方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です