トヨタC-HR/CHRの後部座席にはリクライニング機能が付いているの?

トヨタから街乗りにピッタリなコンパクトSUVのC-HR/CHR
新発売されましたね。

流れるウィンカーなど数多くの注目の装備を備えているこの新型SUVですが、
欠点・デメリットと言われているのが後部座席の居住性。

私もこのクルマを試乗した時に、後部座席の広さや居住性を確認してみたのですが、
競合車のホンダヴェゼル/ベゼルと比較すると、頭上空間や足元空間は一回り
狭くなっているように感じました。

そんなCHR/C-HRの後部座席ですが、背もたれの角度を調整する
リクライニング機能は装備されているのでしょうか?

先日、このクルマを試乗した時に後部座席にリクライニング機能が
装備されているのか、確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタCHR/C-HRの後部座席にリクライニング機能はついている?

今回トヨタから新発売されたトヨタCHR/C-HRの後部座席は、
このようなデザインになっています。

こちらは上位モデルのG/G-Tグレードのシート。

そして、こちらは下位モデルのS/S-Tグレードのシート。

シートに使用されている素材は異なりますが、下位モデルのS/S-Tグレードでも
十分に満足できる座り心地に…。

頭上空間や足元空間の狭さは若干気になるものの、しっかりとしたサイド
サポートなど、座った瞬間に質の高さを感じる事ができるCHR/C-HRの
シートの作り&デザインは、好印象でした。

このようなデザインになっているこの新型SUVの後部座席ですが、
ディーラーさんに確認したところ、リクライニング機能は装備されていないようです。

元々背もたれが若干傾斜デザインになっているCHR/C-HRの後部座席の
背もたれですが、この角度から変更する事ができません。

このように多少傾斜しているので、座り心地がスゴイ悪いわけではありませんが、
後部座席のリクライニング機能が備わっているホンダのコンパクトSUVのヴェゼルと
比較すると、ちょっと残念に感じてしまいました。

■ホンダ ヴェゼルの後部座席をリクライニングした時の様子

また、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)くらいのリクライニング幅でも
良いので、個人的には装備してもらいたかったです。

荷室・ラゲッジスペースの開口部が傾斜しているなどの影響もあるかと
思いますが、後部座席の居住性や快適性を考えると、少々残念でした。

ちなみに、トヨタCHR/C-HRの後部座席の左右の肩口には、レバーが
装備されています。

このレバーは後部座席の背もたれをリクライニングするためのものではなく、
背もたれを前方にパタンと倒して、収納するものなので、悪しからず…。

後部座席の中央にセンターアームレスト&ドリンクホルダーもなし

また、今回トヨタから新発売されたトヨタCHR/C-HRの後部座席の中央には、
ドリンクホルダー付きのセンターアームレストも装備されていません。

これもちょっと残念ですよね。

ベースとなっているプリウスの後部座席にはドリンクホルダー付きの
センターアームレストが装備されてたので、このクルマでも期待していたのですが…。

ディーラーさんもCHR/C-HRは2人乗りをメインに考えたクルマで
後部座席の居住性や広さは諦めたと言っていましたが、このクルマは
コンパクトSUVの中でも比較的価格帯は高いので、もう少し後部座席の
機能や装備にもこだわっても良かったのかなと思いました。

今回トヨタから新発売されたトヨタCHR/C-HRに後部座席にリクライニング機能が
装備されているか確認したのですが、残念ながら装備されていませんでした。

また、後部座席の中央にアームレストも装備されていませでした。

樹上空間や足元空間の広さも含めて、私のような成人男性が後部座席に座って
長距離ドライブをするには、ちょっと厳しいのかなと感じました。

もしこれからトヨタCHR/C-HRの試乗に行かれる方は、後部座席の機能や
広さをしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です