【リヤフォグランプで外装はどう変わる?】C-HR/CHRの寒冷地仕様

2016年12月、街乗りにピッタリのスタイリッシュなデザインが特徴の
小型SUVのC-HR/CHRが、トヨタから新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型SUVでは、他のトヨタの車種と同様に寒冷地仕様が
用意されています。そして、寒冷地仕様を装備すると、リヤフォグランプが装着され
他のモデルと外装・エクステリアのデザインが異なることに…。

今回トヨタのC-HR/CHRにメーカーオプションとして用意された寒冷地仕様を
注文すると、どのような装備が追加されるのか?また、リヤフォグランプを
装備したモデルと装備していないモデルでは、外装・エクステリアにどのような
違いがあるのか?

先日、お台場にあるメガウェブで寒冷地仕様の有無による外装・エクステリアの
違いについて確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

C-HR/CHRの寒冷地仕様:リヤフォグランプを装備したモデルの外装はどんな感じ?

今回トヨタから新発売されたコンパクトSUVのC-HR/CHRに、メーカーオプションの
寒冷地仕様を装備すると、次のような装備・機能が追加されます。

■トヨタC-HRの寒冷地仕様
・冷却水のLLC濃度
・ウィンドシールドワイパー
・ウィンドシールドデザイアー
・PTCヒーター(※ハイブリッド車のみ)
・リヤフォグランプ
・ウォッシャー液レベルウォーニング
・ヒーターリヤダクト
・スターター容量を1.6kwに増加

このような装備が追加され、ハイブリッド車では28,080円、そして、
ガソリン車で23,790円というのは、お得感がありますよね。

私の住んでいる地域は雪がめったに降らない比較的温暖な地域なのですが、
ディーラーさんに確認すると、やはりチラホラとこの寒冷地仕様を購入していくようです。

寒冷地仕様を注文すると、外装のデザインが異なる-HR/CHRですが、
メーカーオプションの寒冷地仕様を注文すると、リヤフォグランプが
装備されるため、外装・エクステリアのデザインが若干異なります。

リヤフォグランプを装着した寒冷地仕様モデルと装着していない標準モデルの
外装・エクステリアの違いを比較してみたいと思います。

■寒冷地仕様モデル

■標準モデル

ご覧のとおり、トヨタのC-HR/CHRのリヤフォグランプは、クルマの中央下部に
装備されます。このように見比べると、クルマの後ろ姿の雰囲気が異なりますよね。

寒冷地仕様モデルの方は、クルマ中央下部にあるリヤフォグランプが
ワンポイントアクセントになっていて、よりインパクトのあるデザインに…。

一方、リヤフォグランプが装備されていない標準モデルは、リヤフォグランプが
装着される部分が空洞になっており、若干の物足りなさが…。

C-HR/CHRC-HR/CHRに寒冷地仕様を装備すると、機能面・装備面の違いが大きいですが、
外装・エクステリアの違いも意外と大きいのかなと思いました。

今回トヨタから新発売されたC-HR/CHRですが、メーカーオプション設定と
なっている寒冷地仕様を装備すると、このような機能が追加されます。

また、寒冷地仕様を注文するとリヤフォグランプが装着されるため、
外装・エクステリアのデザインも若干異なります。

ちなみに、リヤフォグランプ単品のメーカーオプションの用意はないため、
もしリヤフォグランプを装着したかったら、寒冷地仕様を注文するしかありません。

もしリヤフォグランプを装備したモデルの外装・エクステリアが気に入ったら、
寒冷地仕様を注文しても良いかもしれませんね。個人的には、オプション代も
お手頃ですし、装備を見ても、なかなか良いオプションなのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です