座り心地が良いのはどっち?|キャストスポーツとアルトターボRSを比較2

キャストスポーツ画像0016

3つの異なるデザインが特徴のダイハツ キャスト(CAST)から
走破性に特化したモデルスポーツ(SPORT)がようやく発売されましたね。

最後に登場したキャスト スポーツは走りに特化しているだけあって、
ダイハツの軽スポーツカーコペン(COPEN)の足回りを参考にした模様。

その甲斐もあってアクティバ(ACTIVA)やスタイル(STYLE)よりも
キビキビとした引き締まった走りを楽しめました。

そんなキャスト スポーツ(CAST SPORT)の競合車がスズキから
発売されている軽スポーツカーの新型アルトターボRS。

アルトターボRS画像0001

後部座席も用意されており、また、広い荷室を用意している点など
共通点も多いですよね。

そんな2台のクルマのシートのデザイン、そして、座り心地を比較してみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

比較1:シートのデザイン

フロントシートを画像で見比べ

今回新しく登場したキャスト スポーツ(CAST SPORT)のフロントシートは、
このようなデザインになってます。

キャストスポーツ画像0019

キャスト スポーツ(CAST SPORT)のシートは黒が基調になっており、
縁の部分に赤いステッチが入っているデザインを採用。

キャストスポーツ画像0011

また、シート素材は座面や背もたれなど身体が触れる部分はファブリック素材を
使用していますが、サイドの部分は合成レザーを使用しているコンビシートを採用。

ブラック×レッドのシートは、かなりオシャレ。
軽自動車とは思えないシートデザインになっていました。

一方、スズキから発売されている新型アルトターボRSの
フロントシートは、このようになっています。

新型アルトターボRS0008

新型アルトターボRSのシートもブラック調のシートを採用。

シート素材はキャスト スポーツ(CAST SPORT)とは異なり全面ファブリック
だったものの、赤とライトグレーのストライプが入ったデザインになっていました。

新型アルトターボRS0022

レザーシートでは無いので、高級感と言う面ではキャスト スポーツには
及びませんが、この新型アルトターボRSのシートもスポーティーさが
あって良かったです。

後部座席・リヤシートを画面で見比べ

また、ダイハツから発売されたキャスト スポーツ(CAST SPORT)の後部座席・
リヤシートのデザインは、このようになっていました。

キャストスポーツ画像0020

基本的なデザインは、フロントシートと全く同じになっており、
ブラック×レッドのコンビシートになっていました。

後部座席もシックなデザインになっていて、かなり良かったです。

また、キャスト スポーツ(CAST SPORT)の後部座席が新型アルトターボRSと
違うのは、後部座席がスライドする事。

キャスト スポーツ(CAST SPORT)の後部シートを一番前にした時と
一番後ろにした時の様子は、このようになっていました。

キャストスポーツ画像0085 キャストスポーツ画像0084

この後部座席のスライド機能は新型アルトターボRSには無いので、
キャスト スポーツ(CAST SPORT)のメリットの一つだと思いました。

一方、新型アルトターボRSの後部座席はこのようなデザインになっています。

新型アルトターボRS0025

こちらも基本的なデザインはフロントシート全く一緒。
ただ、新型アルトターボRSの後部座席はリクライニングしたり、
後部座席をスライド出来ないのは、少し残念でした。

ちなみに、新型アルトターボRSの足元の広さはこのようになっていました。

新型アルトターボRS0026

後部座席がスライドできないのはちょっと残念でしたが
足元の広さは十分にあり、足元空間は快適でした。

個人的には機能面も見た目も新型アルトターボRSよりも
キャスト スポーツ(CAST SPORT)の方が良いと思いました。

比較2:座り心地比較

この2台のクルマを比べると、見た目や機能性はキャスト スポーツの方が
良かったのですが、座り心地は新型アルトターボRSの方が個人的には好印象でした。

この座り心地の違いは、シートのデザインの違いが大きく影響。

ダイハツから発売されたキャスト スポーツ(CAST SPORT)は、このように
助手席と密着したソファーシートを採用。

キャストスポーツ画像0064

このようなフラットな感じのシートになっているため、カーブをした時などの
サイドのサポートが不十分。

ちょっとスピードを出した状態でカーブに曲がろうとすると
身体が少し横に流れるのが欠点に感じました。

一方、新型アルトターボRSのフロントシートはこのように助手席と独立した
一般的なシートデザインを採用。

新型アルトターボRS0023

見た目もレカロシートぽくて良いですよね。

また、新型アルトターボRSの運転席はサイドの張り出している部分が大きく、
カーブを曲がった時にしっかりと体をサポートしてくれるのが好印象でした。

新型アルトターボRSのシートは専用デザイン!?

また、新型アルトターボRSはベースとなっている新型アルトのシートとは
クッションやシートバックともに専用のチューニングが施されて、
硬度がアップしているようです。

新型アルトターボRS0024

座り心地はちょっと硬めでしたが、それがスポーティーなクルマらしくて
良かったです。

キャストスポーツ画像0060

このようにキャスト スポーツ(CAST SPORT)と新型アルトターボRSのシートを
比べてみると、まったく違う印象を持ちました。

見た目が良かったのは、サイドの部分にレザーをしようしていた
キャスト スポーツ(CAST SPORT)。

しかし、実際にクルマを運転するとなるとサイドのサポートがしっかりと
しており、座り心地も良かった新型アルトターボRSの方が好印象でした。

この2台のクルマは機能も見た目も異なるので、
もし違いが気になる方は実際にディーラーに行って確めてみてくださいね。

<<< キャスト スポーツとアルトターボRS インパネの違いはコチラから

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です