キャスト(CAST)スタイルの内装が判明!|インテリアもオシャレ!?

キャストスタイル04

ダイハツから2015年9月9日に新モデル“キャスト(CAST)”が発売されますね。

今回新発売されるダイハツ キャスト(CAST)は、3種類の異なるモデルで発売。
その中でヨーロピアン調の上質なデザインが特徴なのが、スタイル(Style)

以前、ダイハツから発売されていたミラジーノのようなデザインですよね。

初代コペン0002

そんなキャスト スタイル(CAST Style)の販売マニュアルの
内装の画像を入手したので、紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

キャスト スタイルの内装のデザイン

ダイハツから発売されるキャスト スタイル(CAST STYLE)の内装の
デザインは、このようになっています。

キャスト04

ライトベージュ調のデザインで明るい印象がありますね。
女性が好みそうな明るいデザインになっています。

また、丸い送風口には、シルバーの加飾がされていて、ワンポイントに・・・。
軽自動車の中でも上品なデザインになっていそうですよね。

また、ダイハツから発売されるキャスト スタイル(CAST Style)の
インパネは、ちょっと厚みがあるデザイン。
しかし、その分、助手席側のダッシュボードには、グローブボックスだけでなく
ダッシュボードの上部にも収納スペースが装備されています。

収納スペースが多いのは、嬉しいですよね。

アクティバとインパネのデザインは異なる!?

今回、キャスト スタイル(CAST STYLE)と同時期に発売されるのは、
SUVデザインになっているアクティバ(ACTIVA)

スタイル(Style)とアクティバ(ACTIVA)も同じキャストの仲間という事もあり
インパネのデザインも基本的には一緒。

しかし、多少アクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)では、
インパネのデザインが異なります。

こちらがアクティバ(ACTIVA)のデザイン。

キャスト01

注目なのは、助手席側のダッシュボード。
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、オープントレイを装備していますが、
スタイル(STYLE)は、蓋(リッド)が付いている開閉式の収納スペース。

また、収納スペースのデザインが違うおかげで、雰囲気も全く異なりますよね。

やはりキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方がアグレッシブで
ワイルドなデザインになっている感じがしました。

このようにスタイルによって、インパネのデザインが違うのは、
個人的に好印象でした。

オプションのアクセントカラーは、イマイチ!?

また、キャスト スタイル(CAST Style)ではアクティバ同様に
内装・インテリアのカラーをオプションで変更する事が可能です。

キャスト スタイル(CAST Style)で用意されているカラーは、こちら。

キャスト05

用意されているカラーは、バーガンディーとライトブラウン。
ボディカラーに合わせて、内装色を変更しても良いかもしれませんね。

ただ、個人的にはインパネのカラーが
ブラック×アクセントカラー×ライトベージュの3色になるのは、ちょっと・・・。

少し色がゴチャゴチャしているような雰囲気を持ちました。

個人的には、キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)のように
ブラック×アクセントカラーの2色にまとめても良かったのかなと思いました。

キャスト03

競合車N-ONE(Nワン)のインパネと比較

ヨーロッパ調のデザインになっているキャスト スタイル(CAST Style)の
競合車・ライバル車の一つは、ホンダから発売されているN-ONE(Nワン)

N-ONELOW画像0004

このN-ONE(Nワン)の内装・インパネのデザインは、このようになっています。

N-ONELOW画像0030

N-ONE(Nワン)の方がスッキリとしたデザインになっていますね。

ちなみに、私が見たN-ONE(Nワン)のグレードは、背が低いモデルの
“プレミアム ローダウン”

内装色はブラック一色で、スタイリッシュなデザインに。
また、N-ONE(Nワン)は、本革巻きのハンドルやシフトレバーを採用しており、
見た目だけではなく、グリップ感・触り心地も良かったです。

N-ONEプレミアム画像0009

また、キャスト スタイル(CAST Style)のようにインパネに厚み(高さ)が無いので、
運転席からの視界も良く、運転がしやすかったです。

このキャスト スタイル(CAST Style)の大き目のインパネのデザインが
運転にどれ程影響するかも、試乗などをしてしっかりと確認した方が
良いかもしれませんね。

また、ダッシュボード前のパネルの素材は、ブラック調のウェーブメタルを採用。

N-ONELOW画像0020

見た目にもかなり質感の高い素材になっていました。

こにょうにキャスト スタイル(CAST Style)の競合車・ライバル車の
N-ONE(Nワン)の内装は、かなり質が高いデザインになっています。

今回発売されるキャスト スタイル(CAST Style)は、ドコまで素材やデザインに
こだわっているのか、ちょっと楽しみです。

>>> アクティバの内装のデザインの詳細は、コチラから

>>> スポーツの内装のデザインの詳細は、コチラから

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です