乗り心地はどっちの方が良い!?|キャストとハスラー比較5

キャストアクティバ画像0107

ダイハツから3つの異なるスタイルのバリエーションが用意された
新型軽自動車“新型キャスト(CAST)”が新発売されましたね。

今回新発売された3つのバリエーションの中で主力商品になりそうなのが、
クロスオーバー風のルックスのキャスト アクティバ(ACTIVA)。

そして、このキャスト アクティバ(ACTIVA)の競合車として言われているのが
スズキから発売された軽SUVのハスラー(Hustler)。
(ダイハツの社長は新型キャスト(CAST)の新車発表会の会見で否定しましたが・・・)

ハスラー画像0010

カジュアルでポップなデザインなど共通点は多いですよね。

しかし、今回発売された新型キャスト(CAST)とハスラー(Hustler)では、
乗り心地は全く異なりました。

私が実際に2台のクルマを試乗して気が付いた乗り心地の違いを
紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

キャストとハスラー 乗り心地の違いを比較

乗り心地の違い1:剛性感

キャスト アクティバ(ACTIVA)とハスラー(Hustler)の両方のクルマを
試乗したところ、乗り心地は全く異なりました。

キャストアクティバ画像0108
特に2台の車で違うと感じたのは、剛性感。

キャスト アクティバ(ACTIVA)とハスラー(Hustler)の車体重量は840kgと
全く一緒なのですが、実際に乗った時に感じる剛性感は、全く異なります。

この乗り心地・剛性感が良いと感じるのは、ダイハツから今回新発売された
キャスト アクティバ(ACTIVA)の方。

今回ダイハツから発売されたキャスト アクティバ(ACTIVA)を実際に
試乗をしてみると、乗り心地は軽自動車とは思えない剛性感がありました。

実際にこのアクティバ(ACTIVA)乗っている感じは、普通乗用車のSUVのクルマを
小さいくしたようなしっかりとした乗り心地を感じました。

キャストスタイル画像0133

これなら普通乗用車からダウンサイジングして乗り換えても
特に違和感がなく乗れるような乗り心地になっていました。

一方、スズキから発売されたハスラー(Hustler)を試乗してみてもは、
キャスト アクティバ(ACTIVA)のような剛性感は全く感じられませんでした。

ハスラー画像0011

一言で言うと、ボディが薄い!

「コレって他のクルマとぶつかった時大丈夫!?」と感じるくらい
ボディの薄さが気になりました。

また、特にキャスト アクティバ(ACTIVA)で連続がカーブをする道を試乗した時に
このクルマの剛性感の良さを感じました。

キャスト アクティバ(ACTIVA)はSUVスタイルなので車高は高くなっていますが、
剛性感があり、また、足回りがしっかりとしているので、自分がイメージした
コースをしっかりとトレースしていってくれます。

このような乗り心地の感覚は競合車のハスラー(Hustler)では、
感じる事が出来ませんでした。

キャストアクティバ画像0081

また、このボディの剛性感はドアを閉める時もしっかりと
確認する事ができます。

ダイハツから今回新発売されたキャスト アクティバ(ACTIVA)のドアを閉めると
“バタンッッ”と軽自動車とは思えない重厚感のある音が聞こえます。

一方、スズキの軽SUVのハスラー(Hustler)のドアを閉めると、
“パスン”と言った軽自動車らしい軽い音が・・・。

このドアを閉める感じでもキャスト アクティバ(ACTIVA)の上質感を感じる事が出来ました。

乗り心地の違い2:サスペンションのフワフワ感

また、キャスト アクティバ(ACTIVA)とハスラー(Hustler)を乗り比べて
気になったのは、段差を乗り越えた時のフワフワ感。

これもボディ剛性に関係していると思うのですが、高速道路の繋ぎ目や
デコボコ道を運転した時の乗り心地が全く異なりました。

スズキから発売されたハスラー(Hustler)の乗り心地は、
基本的にフワフワした乗り心地。

ハスラー画像0033

そして、このクルマで高速道路の繋ぎ目などを乗り越えると
上下にブワン・ブワンと揺れる(バウンド)するような感じがあります。

また、サスペンションがしっかりとしていないためか、
この上下動の収まりも悪い気がしました。

特にハスラー(Hustler)の後部座席に座るとこの上下動は、
より一層激しく感じました。

もしクルマ酔いしやすい人は注意が必要な乗り心地だと感じました。

一方、最低地上高がまったく同じキャスト アクティバ(ACTIVA)では、
段差を乗り越えてもこのような後味の悪い上下動を感じる事はありませんでした。

キャストアクティバ画像0084

キャスト アクティバ(ACTIVA)もセダン型スタイルのスタイル(STYLE)よりも
車高が高くなっているので、柔らかい乗り心地になっています。

>>> アクティバとスタイルの乗り心地の違いはコチラから

しかし、しっかりとサスペンションが聞いているので、段差を乗り越えた時の
乗り心地が全く異なります。

キャスト アクティバ(ACTIVA)で少し大きめの段差を乗り越えると多少の
突き上げ感は感じますが、すぐにこの衝撃を改修してくれるので上下に
バウンドするような乗り心地を感じる事はありませんでした。

この段差を乗り越えた時の乗り心地もこの2台のクルマの大きな違いだと
思いました。

キャストスタイル画像0134

このようにキャスト アクティバ(ACTIVA)とハスラー(Hustler)では、
大きく乗り心地が異なります。

実際に2台のクルマを乗り比べて私は新型キャスト(CAST)の方が
乗り心地は良いように感じました。

特に運転している時の安心感が異なりました。

クルマの乗り心地の感じ方は人それぞれ異なります。
もしどちらのクルマを購入しようか迷っている方は、両方のクルマをしっかりと
試乗をして乗り心地を確めた方が良いと思いますよ。

特にこの2台のクルマはデコボコ道や高速道路の繋ぎ目を運転した時、
乗り心地の違いが顕著に出ます。

もししっかりと乗り心地の違いを確めたかったら
高速道路や悪路を運転できないかディーラーさんにお願いしてみてくださいね^^

<<< キャストとハスラー比較4 シート座り心地を比べてみた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です