ダイハツキャスト アクティバとスタイル比較1|エクステリアを見比べ

キャストアクティバ画像0022

ダイハツから新型モデル”キャスト(CAST)“が発売されましたね。

今回キャスト(CAST)は、珍しく3つの異なるデザインを用意。
その中で、今回発売されたのは、SUVテイストのアクティバ(ACTIVA)と
そして、都会的なオシャレなデザインのスタイル(STYLE)

そして、スポーツ(SPORT)に関しては、現在のところ2015年10月末に
発売予定となっています。

先日、もうすでに発売されたキャスト(CAST)の2つのモデル
アクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を見てきました。

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)は、
基本的なデザインは一緒ですが、やはり見た目や雰囲気は異なる・・・。

また、ホイールのデザインやグリルのデザインも異なります。

そんなキャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)の
見た目・エクステリアを比較していました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

キャスト アクティバとスタイル 外装を比較

正面から見比べ

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を正面から見ると、
このようになっています。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

キャストアクティバ画像0016

キャストアクティバ画像0023

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

キャストスタイル画像0022

キャストスタイル画像0001

丸っこい雰囲気は同じですが、
この2台を比べてみると、やはり雰囲気が違いますね。

まずキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)とキャスト スタイル(CAST STYLE)の
大きな違いの一つが、ボディの下部。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が30mm程度高くなっていることもあり、
若干ボディの下部と地面とのスペースに多少余裕があるように感じました。

また、キャスト アクティバには、シルバーのフロントアンダーカバーを装備。

キャストアクティバ画像0019

このシルバーガーニッシュが装備されているだけで、
一気にSUVぽくなりますね。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)のボディの下部には、
メッキ調のガーニッシュを装備。

今回私が見たモデルのボディカラーはブラックだったので、
より一層シルバーのガーニッシュがキレイでした。

ヘッドライトは違う?

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)とキャスト スタイル(CAST STYLE)で
丸いヘッドライトの形は、全く一緒。

キャストアクティバ画像0030

ちなみに、キャスト(CAST)に登載されているライトは
コペン セロ(COPNE CERO)に登載されているヘッドライトとほぼ一緒。

一つの光源でハイビームとロービームの切り替えが出来る
“Bi-Angle LEDヘッドランプ”を採用。

LEDライトが標準装備されているのは、好印象でした。

ヘッドライトは共通の一方、フロントのフォグランプの形状は、
全く異なります。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のフォグランプは、
大き目のフォグランプを採用。

このフォグランプまわりの大き目のグレーのガーニッシュも含めて
SUVらしいですよね。

一方、アクティバ(ACTIVA)は、小さめのフォグランプを装備。
また、フォグランプのまわりはメッキ調のガーニッシュで加飾しており、
オシャレなデザインになっていました。

このように正面から見ると、どちらのモデルも
ライトにインパクトがあり、良いデザインだと思いました。

フロントグリルのデザインも違う!?

また、キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を見比べると、
フロントグリルのデザインも異なります。

それぞれのフロントグリルのデザインは、このようになっています。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

キャストアクティバ画像0066

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

キャストスタイル画像0025

2台とも大き目のフロントグリルを登載しているのは、全く同じ。

しかし、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、フロントグリルの
上部の方が下部よりも大きく、台形を逆にしたようなデザインに・・・。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)は、フロントグリルの
下部の方が大きく、ニカっと笑った顔のようなデザインに
なっていました。

また、フロントグリル内のデザインも異なります。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)はこのように六角形の模様が特徴的。

キャストアクティバ画像0017

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)は、シルバーがワンポイントで
アクセントに入っているようなデザインは、新型ムーブ/ムーブの
フロントマスクのデザインに似ているなと思いました。

キャストスタイル画像0062

このようにキャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)は、
基本的なデザインは同じものの、各パーツのデザインなどが
全く異なっていました。

横から見比べ

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とキャスト(CAST)を横から見比べると、
このような感じ。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

キャストアクティバ画像0008

■キャスト スタイル(CAST STYLE)     キャストスタイル画像0068

サイドからのデザインも雰囲気が全く異なりますね。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、ブラック調の
フェンダーアーチモールやサイドマッドガードを採用。

キャストアクティバ画像0063

このような大き目のフェンダーアーチモールやサイドマッドガードを
装備すると、SUVらしさが一気にアップしますね。

また、インパクトのある樹脂製のドアモールを採用。
このドアモールがかなりインパクトがありました。

キャストアクティバ画像0065

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)はサイドからのデザインも
上級感があり、オシャレ!

メッキ調のサイドガーニッシュや、サイドウィンドウの下端の部分の
メッキ調ガーニッシュがキレイで、スタイリッシュで上品な感じが良かったです。

キャストスタイル画像0069

これなら女性に人気が出そうですよね。

ドアハンドルのデザインが違う!?

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のドアハンドルも異なります。
それぞれのモデルのドアハンドルのデザインは、
このようになっています。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

キャストアクティバ画像0028

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

キャストスタイル画像0060

SUVテイストのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、
ダイハツ特製の樹脂素材のドアハンドル。

ドアハンドルの質感もボディにマッチしていて、特に違和感はありませんでした。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)のドアハンドルのデザインは、
サイドガーニッシュと同じキラキラ感のあるメッキ調の
デザインを採用。

SUV風のキャスト アクティバのドアハンドルのデザインも、
サイドマットガードやドアモールなどにマッチしていて良かったですが
やはり高級感があるのは、メッキ調になっているキャスト スタイル。

このドアハンドルのカラーや質感の好き嫌いは、全くの個人の好みですが、
実際に見てみると、高級感のあるキャスト アクティバの方が好みでした。

ホイールのデザインも異なる!?

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)では、
タイヤホイールのデザインも異なっていました。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

キャストアクティバ画像0009

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

キャストスタイル画像0027

アクティバ(ACTIVA)は黒いスポークが太くてSUVらくしワイルドなデザイン。
一方、キャスト(CAST)は高級タイプのセダン車らしく繊細なデザインに・・・。

ちなみに、アクティバ(ACTIVA)に装備されているアルミホイールは、
ウェイク(WAKE)からそのまま利用。

一方、スタイル(STYLE)のアルミホイールは、新型ムーブに
装備されていたアルミホイールのデザインを多少変えたデザインを
採用しているみたいですよ。

ちなみに、装備されているタイヤメーカー&ブランドは、ダンロップの
エナセーブ(ENA SAVE)。

また、スタイル(STYLE)とアクティバ(ACTIVA)ともに、
全く一緒のタイヤを装備していました。

なので、キャスト(CAST)のスタイル(STYLE)とアクティバ(ACTIVA)のどちらを
試乗しても乗り心地は、それ程変わらないかもしれませんね。

後ろからのデザイン

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)の後ろ(リア)からの
デザインは、このようになっています。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

キャストアクティバ画像0031

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

キャストスタイル画像0021

リア(後ろから)のデザインが、全く違いますね。
やはりキャスト スタイル(CAST STYLE)の方が高級感がありますね。

ナンバープレート上の部分やバンパー下のメッキ調のガーニッシュが
とてもオシャレに思いました。

キャストスタイル画像0067

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)で一番目を引くのは、
ナンバー部分を囲っている逆台形のガーニッシュ。

キャストアクティバ画像0064

このようなデザインになっているのは、かなり珍しいですよね。
このアクティバ(ACTIVA)のガーニッシュは、かなりインパクトがありました

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のボディ下部には、
ダイハツの特殊樹脂で作られたアンダーカバーを装備。

キャストアクティバ画像0032

このような装備がSUVらしいと思いました。

ただ、アンダーカバーもブラック調になっているリヤバンパースポイラーも
ダイハツ特性の樹脂を採用。

キャスト(CAST)のボディに使用されている樹脂素材はプラスチックのような
質感の素材なので、良くも悪くもおもちゃ感があるなと感じました。

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、カジュアルに
乗りこなすには、ピッタリだなと思いました。

ただ、高級感と言う点では、メッキ調のガーニッシュを多用していた
キャスト スタイル(CAST STYLE)の方が良いように感じました。

キャストアクティバ画像0023 キャストスタイル画像0001

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)は、
見た目などが多少異なりますが、価格はまったく一緒です。

オプションは多少異なりますが、登載されている機能も基本的には
同じものになっています。

なので、キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)の
どちらかを選ぶかは、本当に見た目や好みの問題です。

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)もスタイル(STYLE)も
カタログやウェブサイトで見るのと印象は、全く異なります。

もし、どちらのモデルを購入しよう迷っているなら
両方ともしっかりと実際のクルマで見比べたほうが、良いと思いますよ。

それ程2台のモデルは、雰囲気が異なりました。

ちなみに、ディーラーさんに聞いた話では、スタイル(CAST STYLE)は、
男性よりも女性に人気があるようです。

一方、アクティバ(ACTIVA)は、女性よりも男性に
人気が高い傾向にあるそうですよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です