数も容量も抜群に良い感じ!?新型キャラバンNV350の収納スペース

車中泊にもピッタリな日産の4ナンバー商用バン新型キャラバンNV350
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでフルオートエアコンやアラウンドビュー
モニターなどが装備され、機能が充実。プライベートユースの人には、
とても嬉しい進化だと思いました。

>>> 新型キャラバンNV350 アラウンドビューモニターを使った感想

また、収納スペースが充実しているのも新型キャラバンNV350の注目ポイントの一つ。

先日、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
運転席周りと後部座席周りの収納スペースのデザインや使い勝手を確認して
きたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンNV350の収納スペース:運転席周り編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

これを見ただけでも収納スペースの大きさが分かりますよね。

また、この新型モデルの収納スペースには、嬉しい機能がたくさん採用
されているのも嬉しいポイントでした。

そんな新型キャラバンNV350の収納スペースを詳しく見ていきましょう。

収納スペース1:ドライバーズポケット

新型キャラバンNV350のハンドル・ステアリングホイールにあるのが、
ドライバーズポケット。

サイズはそれ程大きくありませんが、外から死角になる位置にあるので、
小銭入れなどを置いておくには、とても良いのかなと思いました。

収納スペース2:ダッシュボードトレイ

新型キャラバンNV350のダッシュボードの上段中央部分は、このようにくぼみがあり、
A4サイズの冊子が置けるようになっています。

■ダッシュボードトレイ

ちょっと大きめの地図やファイルなどを手の届く範囲に置いて置けるのは、
商用バンならではの機能なのかなと思いました。

収納スペース3:灰皿

最近、普通乗用車では用意されているクルマはめっきり減ってきましたが、
新型キャラバンNV350では、このようなデザインの灰皿が用意されています。

運転中に喫煙をする人には、嬉しいですよね。
私自身は久しぶりに灰皿をみましたが、喫煙者にとっては、嬉しい装備
なのかなと思いました。

収納スペース4:インパネアンダーボックス

新型キャラバンNV350のインパネの中央下部には、大きめサイズの収納ボックスが
用意されています。

中央には仕切りが付いているので、500mlのペットボトルを置いておくのにピッタリです。

また、この収納スペースは、上からエアコンの冷たい風を出しておけるので、
置いたドリンクを保冷しておけちゃいます。この保冷機能付きの収納ボックスは
真夏の暑い日に重宝するのかなと思いました。

収納スペース5:グローブボックス

新型キャラバンNV350は様々な収納スペースが用意されていますが、広くて
使い勝手が良いと思ったのが、グローブボックスです。

実際にこのクルマのグローブボックスを確認してみると、このような感じ。

シンプルなデザインですが、かなり広いですよね。

ディーラーさんに教えて貰ったのですが、収納容量は10リットル以上あるようで、
薄型のボックスティッシュなら4個以上置けるようです。

車検証を入れてもまだまだスペースに余裕があるので、とても使い勝手は
良いのかなと思いました。

収納スペース6:ドア内側パネル

新型キャラバンNV350では、ドア内側パネルの下部にも収納ポケットが用意されています。

かなり広いですよね。

横幅だけではなく、厚みもあるのでちょっと太めのファイルやバインダーなども
収納する事が可能のようですよ。ここら辺のサイズも商用バンならではだなと
感心しちゃいました。

収納スペース7:センターコンソールボックス

また、センターコンソールボックスも日産の新型キャラバンNV350の
注目の収納スペースの一つ。

■センターコンソールボックス

センターコンソールボックスの蓋の部分は中央がくぼんでおり、
このスペースにも小物が置けちゃいます。

そんな新型モデルのセンターコンソールボックスを開けてみると、このような感じ。

かなり大きいですよね。

どうやらこのセンターコンソールボックスの収納容量は、15.6リットルもあるようです。

また、この新型キャラバンNV350のセンターコンソールボックスは2枚の仕切り版と
5カ所の切込みが用意されており、好みに応じて自由に収納スペースのサイズを
カスタマイズできるのも好印象でした。

新型キャラバンNV350の収納スペース:後部座席周り編

このように運転席周りの収納スペースは数・容量ともに問題のない日産の
新型キャラバンNV350ですが、後部座席まわりは、どうだったのでしょうか?

確認をしてきたので、紹介したいと思います。

収納スペース1:ドリンクホルダー&小物入れ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350では、
大きなセンターコンソールボックスの後方にドリンクホルダー&小物入れを
用意しています。

このドリンクホルダーは500mlのペットボトルを置けるサイズになっているので、
使い勝手もとても良いです。(若干後部座席から遠いのが気になりますが…)

また、ドリンクホルダーの間の小さな小物入れは、ガムなどを置いておくのに
ピッタリなのかなと思いました。

収納スペース2:引き出し式のトレイ

また、後部座席用のドリンクホルダーの下には、引き出して使えるトレイが
用意されていました。

実際に引き出してみると、このような感じ。

かなり広くて、使い勝手が良さそうですよね。

スマホやiPhone、ゲームやタブレット端末などを置いておくのに、
重宝しそうだなと思いました。

また、このトレイの重量制限は2㎏となっており、意外と重たい荷物も
載せておけるのも、この収納スペースの魅力&メリットの一つかなと思いました。

収納スペース3:シートバックポケット

新型キャラバンNV350の助手席側には、シートバックポケットが用意されています。

■新型キャラバンのシートバックポケット

シートバックバックポケットは普通乗用車にも用意されている一般的な
収納スペースですが、この新型キャラバンNV350はポケットを3つのおケットを用意。

また、斜めにカットしてある収納スペースは、運転席からも出し入れが
しやすいのも良いと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
収納スペースを確認したところ、このようになっていました。

収納スペースの数・容量ともに、申し分なく良いですよね。
また、使い勝手もとても良いと思いました。

この収納力の良さは、商用車としてだけではなく、車中泊などプライベート
ユースで購入した人にもありがたいのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です