日産新型キャラバンの荷室レビュー【使い勝手の良さも魅力の一つ!?】

日産の新型キャラバンNV350が、2017年7月にビッグマイナーチェンジをして、
新発売されましたね。

このクルマは商用バンと言う事もあり、荷室・ラゲッジスペースの広さはサスガ。

また、この新型キャラバンNV350の荷室・ラゲッジスペースは、使い勝手の良さも
考慮したデザインになっているのも魅力の一つなのかなと思いました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインに
なっているのでしょうか?また、どのような工夫が施されていたのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350の
荷室・ラゲッジスペースの様子を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンNV350の荷室画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
リヤビュー(後ろ姿)は、このようなデザインになっています。

そして、テールゲートを開けると、このようなデザインになっています。

かなり荷室の開口部が大きいですよね。

ただ、このクルマはテールゲートが大きいため、開けた時の後ろの張り出しも
ちょっと大きめ。

なので、このクルマのテールゲートを開ける時は、後ろに注意が必要なのかなと
思いました。

そんな新型キャラバンNV350の荷室・ラゲッジスペースは、このような広さに
なっています。

商用バンと言う事だけあって、かなり広いです。

また、日産の新型キャラバンNV350の後部座席は5対5分割方式になっており、
左右独立して収納する事が可能です。

実際にこのクルマの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、
このようになります。

この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約2380mm。

大人2人がゆったりと寝れる広さがあるので、車中泊をする人にも
ピッタリなクルマになっているように感じました。

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
荷室・ラゲッジスペースは、嬉しい工夫が盛りだくさん。

そんな日産の新型キャラバンNV350の荷室・ラゲッジスペースの嬉しい機能や特徴を
紹介したいと思います。

特徴1:ラゲッジユーティリティナット

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350の
荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つは、壁面に装備されているユーティリティナット。
この新型モデルでは、このようなデザインのユーティリティナットを
壁面の様々な位置に設置をしています。

■新型キャラバンのラゲッジユーティリティナット

商用バンの場合、ユーザーの使いが手に応じて荷室に棚やハンガーなど
様々なものを設置するケースが多いですよね。

今までは荷室・ラゲッジスペースにこのような棚やバーを設置する際に
荷室・ラゲッジスペースの壁面に穴を開けていましたが、この新型モデルでは、
ラゲッジユーティリティナットに固定をする事が可能です。

なので、新車にわざわざ穴を開ける必要はありません。

これは新型キャラバンNV350の荷室・ラゲッジスペースの嬉しいポイントの
一つなのかなと思いました。

特徴2:後部座席の足元空間

また、後部座席の脚も今回の新型キャラバンNV350の注目ポイントの一つ。

この新型モデルの後部座席の脚は細く空間になっているので、後部座席を
使用した状態でもスキー板やパイプのような長尺物を積み込む事が可能です。

この使い勝手の良さもこのクルマの魅力&メリットの一つなのかんと思いました。

特徴3:ホイールハウスのデザイン

こちらはディーラーさんに教えてもらったのですが、日産の新型キャラバンNV350では、
ホイールハウスのデザインにも気を配って開発&デザインをしているようです。

このように画像を見れば分かると思いますが、この新型モデルのホイールハウスは、
トップの部分が平ら(フラット)になっていますよね。

■新型キャラバンのホイールハウス

これはホイールハウスのフラットになっている部分にボードを渡せば
カンタンに収納用の棚やボックスができると言うアイディア。

これなら簡単に収納ボックスが設置できていいですよね。

このような細かい部分にもきちんと気配りができているのは、今回新しく
発売された日産の新型キャラバンNV350の魅力の一つなのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の荷室・
ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

商用バンならではの広さも魅力的でしたが、それ以上に驚いたのは、
このクルマの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さ。

競合車・ライバル車でもあるトヨタの商用バン”ハイエース(Hiace)”よりも
日産の新型キャラバンNV350の方が荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は
良いのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です