デザイン&使い勝手を徹底解剖!新型キャラバンのインパネ画像レビュー

広い車内と使い勝手の良さが魅力の日産の新型キャラバンNV350が、
2017年7月、ビッグマイナーチェンジをして新発売されましたね。

今回の新型モデルでは、自動ブレーキが標準装備されるなど安全面が大幅にアップ。
また、内装・インテリアのデザイン性も格段に良くなりました。

>>> 【対応範囲は広い!?】新型キャラバンの自動ブレーキの精度を確認してみた

そんな新型キャラバンNV350ですが、インパネ・内装のデザインは、どのような
デザインになっているのでしょうか?また、インパネの各装備の操作性や
使い勝手は、どうだったのでしょか?

先日、この新型モデルのインパネのデザインや使い勝手を確認してきたので、
実車画像を使って、徹底解剖してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンNV350のインパネ画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の最上位モデル”プレミアムGXグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

商用バンと言う事もあり、プラスチック感が満載。
お世辞でも、「高級感があるデザイン」と、言う事はできません。

ただ、インパネの位置がかなり低く、前方の視界を遮らないデザインに
なっているのは、好印象でした。

また、今回新発売された新型モデルに初搭載されたオートエアコンなど
インパネに搭載されている各装備の使い勝手が全体的に良かったのも、
このクルマの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

そんな新型キャラバンNV350のインパネの各装備について、確認をしていきたいと思います。

その1:ハンドル・ステアリングホイール

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
ハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、ウレタン製を採用。

ただ、ハンドル・ステアリングホイール自体は意外と太いので、握り心地は悪いとは、
それ程感じませんでした。

また、インパネが低いため、位置が正面よりも少し下に位置しているので、
初めて運転した時は、違和感を少し感じたのですが、それ程操舵性の悪い
ハンドル・ステアリングホイールだと思いませんでした。

その2:シフトレバー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
シフトレバーは、このようなデザインになっています。

インパネの中央にシフトレバーが組み込まれており、左側に手を少し手を
伸ばすだけでシフトレバーに手が届くので、使いやすい印象を持ちました。

ちなみに、シフトレバーのノブには、オーバードライブのON/OFFスイッチも
装着されています。

このクルマのシフトレバーはシンプルなデザインですが、操作性・使い勝手は、
とても良いように感じました。

その3:エンジンスタータースイッチ

この新型キャラバンNV350の最上位モデル”プレミアムGXグレード”では、
ワンプッシュでエンジンを立ち上げる事ができるエンジンスタータースイッチを
ハンドルの左側に配置しています。

そして、このエンジンスタータースイッチは、エンジンを立ち上げると、
オレンジに点灯します。

このデザインのエンジンスタータースイッチは、日産のノートなどでも
採用をしていますが、操作性もなかなか良いと思いました。

その4:エアコンコントローラー

今回今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350では、
オートエアコンが採用されましたが、それに伴い空調パネルのデザインも
新しくなりました。

この新型モデルでは、日産のノートe-POWERなどでも採用されている円形の
空調パネル(エアコンコントローラー)を採用。

中央にある液晶ディスプレイの視認性も良く、また、周りに搭載されている
スイッチ類のボタンも大きく使い勝手は、とても良いように感じました。

また、新型キャラバンNV350では、後部座席にもエアコンやヒーターの
温度調節レバーが設置されています。

後部座席からでも温度が調整できるのは、とても良いと思いました。

ちなみに、新型キャラバンNV350の空調パネルに関しては、操作性や使い勝手などを
こちらの記事で詳しくまとめています。もしこのクルマのエアコンの操作性や
使い勝手を詳しく知りたい方は、コチラの記事をどうぞ。

>>> 使い勝手や風の強さはどうだった?新型キャラバンのエアコン画像レビュー

その5:カーナビ

今回新型キャラバンNV350で搭載されているカーナビは、このようなデザインになっています。

このクルマでは、ディーラーオプションのナビは用意は無く、ディーラー
オプションのナビのみとなっています。

また、このクルマのカーナビで注目なのは、先代モデルよりもカーナビの
スペースが一回り大きい”2DINサイズ”となった事です。これにより、7.7インチの
大型タイプのナビも組み込めるようになったようですよ。

ただ、個人的には、もう一回り大きいナビを装着できるようにして貰いたかったです。

>>> 【視認性&操作性はどうだった?】新型キャラバンNV350のナビ

その5:スイッチ類

今回新発売された新型キャラバンNV350では、様々なスイッチ類が用意されています。

例えば、ハンドルの右側には、今回のビッグマイナーチェンジで標準装備された
自動ブレーキのON/OFFスイッチやスタビリティコントロールのスイッチが
用意されています。

また、ハンドルの左側、エンジンスタータースイッチの下には、滑りやすい路面での
タイヤの空転を防ぐスノーモードスイッチを装備。

スノーモードスイッチはそれ程頻繁に使い機能ではありませんが、個人的には、
もう少し高い位置(操作しやすい位置)に配置しても良かったのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

商用バンと言う事あり、このクルマの内装・インパネは高級感はありません。
日産の人気コンパクトカーのノート(NOTE)などと比較すると、物足りなさを感じます。

ただ、ハンドルやシフトレバー、空調パネルなど各装備の使い勝手は、
とても良いように感じました。

>>> 新型キャラバンNV350のメーター画像レビュー【先代よりも見やすくなった?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です