【画像大量】新型キャラバンNV350の外装インプレ【Vモーショングリルで日産顔に…】

商用車としてだけでなく、車中泊やレジャーなど趣味目的のユーザーからも
愛用される日産の新型キャラバンNV350が、ビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでは、安全装備が充実しただけではなく、
外装や内装のデザインを一新。今回新発売された新型モデルは、Vモーションを
強調した日産らしい外装・エクステリアになっていました。

また、ヘッドライトにLEDを採用するなどスタイリッシュさを兼ね備えた
デザインになっているように感じました。

先日、ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350の
外装・エクステリアを確認してきたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンNV350の外装画像レビュー:正面から

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の最上位モデル
プレミアムGXグレードを正面から見ると、このようなデザインになっています。

フロントマスクのデザインに注目

今回新発売された新型モデルの外装・エクステリアの注目ポイントの一つが、
迫力を増したフロントマスクのデザイン。

この新型モデルでは、最近の日産の特徴でもあるVモーショングリルを採用。

■新型キャラバンのVモーショングリル

Vモーショングリルがかなり大きく、存在感があります。

このVモーショングリルのおかげで、先代モデルよりもダイナミックさのある
デザインになっているように感じました。

ヘッドライトにLEDを採用

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350は、
ハイ/ローともにLEDを光源とするLEDヘッドライトを採用。

ちょっと見えにくいですが、実際にLEDのヘッドライトを点灯をしてみると、
このような感じになります。

ブーメラン上に点灯するポジションランプがオシャレですよね。

このようにオシャレになったヘッドライトも競合車・ライバル車のトヨタの
ハイエース(HIACE)には無い、新型キャラバンNV350の魅力の一つなのかなと思いました。

新型キャラバンNV350の外装画像レビュー:横から

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350を
横からみると、このようなデザインになっています。

この新型モデルは、ボディの長さや幅、高さが異なる3つのバリエーションを
用意しています。

■新型キャラバンの3つのボディサイズ
・ロングボディ/標準ルーフ
・スーパーロングボディ/ハイルーフ
・ワイド/スーパーロングボディ/ハイルーフ

この3つのボディタイプの中で、今回私が見る事ができたのは、一番の
売れ筋モデルになっているロングボディ&標準ルーフタイプ。

ただ、それでも全長が4,695mmあり、車体の大きさを感じました。

■ロングボディ&標準ルーフタイプのサイズ
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:1,990mm

また、新型キャラバンNV350の後部座席のスライドドアを開けると、このような感じ。

床面が高くて、やはり乗り降りはしにくい感じが…。

個人的には、スライドドア付近にも乗り降りをサポートするアシストグリップを
用意しても良かったのかなと思いました。

また、スライドドアは大きいのでちょっと重たいのかなと思っていたのですが、
思ったよりも軽く開け閉めがしやすいのも高ポイントでした。

新型キャラバンNV350の外装画像レビュー:後ろから

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350の
後ろ姿は、このようなデザインになっています。

今回私が見たプレミアムGXグレードは、左側にこのような専用ロゴが
装備されていました。

そして、この新型モデルのバックドアを開けると、このような感じ

やはり開口部が大きいですね。

また、バックドアも大きいサイズになっており、開け閉めするのが大変そうですが、
このクルマはバックドアオートクロージャーと言う機能を搭載しております。

このバックドアオートクロージャー機能と言うのは、半ドア状態までドアを閉じると、
あとは自動的にバックドアを閉じてくれる機能の事です。思いっきりバックドアを
下げて、「バン!」と閉じなくても良いのが、好印象でした。

ちなみに、近くにいた女性スタッフにもの新型キャラバンNV350のバックドアの
開け閉めをしてもらったのですが、このバックドアオートクロージャーの
おかげで、女性のチカラでもラクラクでした。

リヤコンビネーションランプのデザインにも注目

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
注目ポイントの一つが、リヤコンビネーションランプのデザイン。

今回私が見たプレミアムGXグレードでは、L字型に発光するテールランプを採用。

■新型キャラバンのテールランプ

このデザインは、もはや商用バンのレベルを超えていますね。

このデザインの良さは、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された
新型キャラバンNV350の良さなのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350の
外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

実際にこの新型モデルを見て良いと思ったのが、フロントマスクのデザイン。

Vモーショングリルを採用しており、一目見て、日産のクルマと分かる
デザインになっていたのは、好印象でした。

また、LEDヘッドライトやリヤコンビネーションランプなど、商業バンとは
思えないデザインになっているのも好印象でした。

安全装備も充実しており、デザイン性も良いので、車中泊など趣味目的で
日産の新型キャラバンNV350を購入するのも良いのかなと、思ってしまいました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です