【アラウンドビューモニターを使った感想】新型キャラバンの安全装備レビュー

日産の商用バン新型キャラバンNV350が、2017年7月にビッグマイナーチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売された新型モデルは、外装や内装などデザインが変わっただけではなく、
自動ブレーキなど安全装備が充実。先代モデルよりも頼もしく、使い勝手の良い
クルマに生まれ変わりました。

>>> 新型キャラバンNV350の内装画像レビュー【新型モデルの注目ポイントは?】

そんな新型キャラバンNV350の注目の装備の一つが、今回のビッグマイナーチェンジで
搭載されたアラウンドビューモニター。

この新型モデルに搭載された新型モデルのアラウンドビューモニターの
使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実際にこの新型キャラバンNV350のアラウンドビューモニターを確認した
感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンのアラウンドビューモニター画像レビュー

日産のクルマではお馴染みですが、アラウンドビューモニターとは、車体の
前後左右に配置されたカメラの映像を組み合わせて、真上から見たような
映像を表示してくれる機能の事です。

他の日産車と同様に新型キャラバンNV350でも、アラウンドビューモニターの
ディスプレイはルームミラーに搭載されており、実際に映像を表示してみると、
このような感じになります。

■新型キャラバンのアラウンドビューモニター画面

日産のクルマに限らず、アラウンドビューモニターのような真上からの
映像を表示してくれるクルマは増えてきましたが、4ナンバーサイズの
バンでは、アラウンドビューモニターが搭載されるのは、初めて。

この新型キャラバンNV350は、ロングボディのモデルでも全長が4695mmある
大きいクルマです。実際にこのクルマの運転席に座ってみると、ボディサイズの
大きさを実感します。

車中泊やアウトドアなどこの新型モデルをプライベートユース目的で購入しようと
している人にとっては、このアラウンドビューモニターは、強い味方になるのかなと
思いました。

アラウンドビューモニターは移動物検知機能付き

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350に
搭載されているアラウンドビューモニターの良いところは、移動物検知機能(MOD)付き。

なので、前進や交代時に歩行者など移動物を検知すると、画面に黄色い枠が
表示されると同時に、「ピッ!」と言う警告音でドライバーに注意を促してくれます。

この日産の新型キャラバンNV350は死角が多いので、この移動物検知機能(MOD)も
とても助かるのかなと思いました。

ディーラーオプションナビにも投影が可能

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350では、
メーカーオプションのナビは用意されていません。

ただ、オーディオクラスター部分にピッタリとはまるディーラーオプションの
ナビ(MM317D-W)でも、アラウンドビューモニターを表示する事が可能です。

■ディーラーオプションナビ”MM317D-W”

実際にディーラーオプションナビ”MM317D-W”にアラウンドビューモニターを
表示してみると、このような感じ。

このディーラーオプションナビの画面は7インチワイドサイズとなっているため、
ルームミラーに表示されている時よりもサイズが大きくなり、見やすい感じが…。

また、新型キャラバンNV350では、ナビを設置するオーディオクラスターの位置が
インパネの上部と高くなっているのも、視認性の良さにつながっているのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された日産の新型キャラバンNV350の
注目の機能”アラウンドビューモニター”を確認してみたのですが、このように
なっていました。

この新型モデルは全長が4,500mmを超える大型サイズなので、アラウンド
ビューモニターが装備されていると、駐車をする時やバックをする時の
安心感が全く違うなと思いました。

もし車中泊やアウトドアなどプライベートユースでこのクルマを購入しようと
思っている人にとっては、このアラウンドビューモニターは、必須の機能
なのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です