新型カムリのXグレードはおススメできない!その3つの理由とは?

トヨタの世界戦略車の新型カムリ(CAMRY)がフルモデルチェンジをして、
2017年7月にデビューをしましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルですが、
3つのグレードをラインナップしています。

■新型カムリのグレード設定
・Gレザーパッケージ
・Gグレード
・Xグレード

この3つのグレードの中で最廉価モデルになっているのが、Xグレードです。

このXグレードの車体本体価格は329万4,000円となっており、他のグレードよりも
お得感があります。また、燃費が他のグレードよりも良いので、コスパに優れています。
ただ、個人的には、この新型カムリ(CAMRY)のXグレードは、あまりおススメできません。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデルの
Xグレードをおススメできない理由を紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カムリがおススメできない理由とは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデルの
Xグレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

GレザーパッケージやGグレードと見比べてしまうと見劣りをしてしまいますが、
このXグレード単体で見ると、高級車らしい存在感がありますよね。

そんな新型カムリ(CAMRY)のXグレードですが、私がおススメできない理由を
紹介したいと思います。

理由その1:装備できるオプションの少なさ

今回新発売された新型カムリ(CAMRY)のXグレードをおススメできない理由の一つが、
装備できるオプションが少ない事です。

例えば、このXグレードでは、7インチのメーカーオプションナビを装備する
事はできません。

■新型カムリのメーカーオプションナビ

また、Xグレードは、リセールバリューが良いパノラマムーンルーフ(サンルーフ)も
装備をする事はできません。

それ以上に気になったのは…

また、この新型カムリ(CAMRY)のXグレードを実際に確認してみて気になったのは、
メーカーオプション設定になっている安全装備システムが装備できない事です。

■Xグレードに装備する事ができない安全装備
・ブラインドスポットモニター(BSM)
・リヤクロストラフィックアラート(RCTA)
・インテリジェントクリアランスソナー

このXグレードにもトヨタセーフティセンスPが装着されているとは言え、
後方の安全性をサポートしてくれる安全装備を装着できないのは、残念ですよね。

メーカーオプションナビやパノラマムーンルーフなどは装着できないのは
諦めがつきますが、安全面に関する装備だけは、Xグレードでも装備できるように
して貰いたかったです。

理由その2:タイヤ&ホイールのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)のXグレードの
内装・インテリアを見てガッカリしたのは、タイヤ&ホイールのデザインです。

他のグレードでは、アルミホイール標準装備しているのですが、このXグレードだけは、なぜか16インチのスチールホイール&ホイールキャップを標準装備しています。

■Xグレードの16インチタイヤ&ホイール

約330万円するプレミアムセダン車なのに、スチールホイールって…。

個人的には、高級セダン車の新型カムリ(CAMRY)なのにスチールホイールと聞いただけで、
ゲンナリです。

Xグレードは燃費重視、コストパフォーマンス(コスパ)なのは重々承知していますが、
せめてアルミホイールくらいは標準装備してもらいたかったです。

理由その3:内装の質感

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
最廉価モデルのXグレードは、他のグレードよりも内装・インテリアの質感が劣ります。

例えば、他のグレードでは光沢感のあるブラウンをしたタイガーアイ調の
センターコンソールを標準装備しているのですが、このグレードのセンター
コンソールは、安っぽいプラスチック素材のブラックカラーに…。

■新型カムリのXグレードのセンターコンソール

せめて艶やかなぴらのブラック調パネルにしてくれたら、雰囲気が違ったと
思うのですが…。

信じられなかったのがハンドルの素材

また、新型カムリ(CAMRY)のXグレードの内装・インテリアを見て、
「あり得ない」と思ったのが、ハンドル・ステアリングの素材です。

なんと、このXグレードのハンドルの素材は、ウレタン製…。

ちょっとこれは信じられないですよね。

ハンドル・ステアリングホイールだけを見ていると、高級セダン車と言う感じは、
全くしません。

ここはブランドイメージを守るためにも、無理をしてでも本革巻きの
ハンドル・ステアリングホイールにしてもらいたかったです。

個人的には、このハンドル・ステアリング素材が一番あり得ないと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデル
Xグレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

高級セダン車とは思えないスチールホイールやウレタン製のハンドルなど、
かなり残念ですよね。また、他のグレードよりも安全面が劣るのも気になります。

燃費やコストパフォーマンスの良さなど、このグレードには他のグレードには
無い魅力もありますが、デザインや安全性を感がると、わざわざこのグレードを
選ぶ必要はないのかなと、思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、Xグレードは、ほとんど売れて
いないみたいですよ。私がいつもお世話になっているディーラーさんは、
奇跡的に1台売ったみたいですが…^^

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です