新型カムリのシートヒーターは付いている?内装を確認してみた

トヨタのハイブリッドセダン車の新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月に
フルモデルチェンジをして、10代目がデビューをしましたね。

今回新発売された新型モデルの魅力の一つは、スタイリッシュになった
内装・インテリアのデザインですよね。

また、この新型モデルの内装・インテリアには、電動パーキングブレーキや
オートブレーキホールドなど嬉しい機能&装備が搭載されたのも魅力の一つだと
思いました。

そんなトヨタの新型カムリ(CAMRY)の内装・インテリアですが、真冬の
運転で助かるシートヒーターは、装着されているのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した時にシートヒーターが装着されているのか
どうかも確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ新型カムリには、シートヒーターは装着されている?

結論から申し上げまして、今回フルモデルチェンジをして新発売された
トヨタの新型カムリ(CAMRY)では、最上位モデルのGレザーパッケージのみ
運転席&助手席のシートヒーターが標準装備されています。

実際にGレザーパッケージのシートヒーターのスイッチは、このように
センターコンソールのドリンクホルダーの後方に装備されています。

■Gレザーパッケージのシートヒーター

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
Gレザーパッケージでは、このように3段階で温度が調整できるシートヒーターを標準装備。

実際にこの新型モデルを試乗した時に運転席のシートヒーターを使ってみたのですが、
意外とスグ(たぶん20秒ちょっと)にシートの座面と背もたれがじわじわと温かく
なるのを感じました。

真夏日でもスグにシートの温かさを感じたので、真冬日ならさらにしっかりと
シートがしっかりと温かくなるのを感じるのかなと思いました。

また、強いていれば後部座席のシートヒーターが装備されていたら、
さらに嬉しいなと思いました。

新型カムリのシートヒーターで残念だった事は…

このように使い勝手は十分に満足できる新型カムリ(CAMRY)のシートヒーターですが、
ちょっと残念に思う事もありました。

それは、この新型モデルではシートヒーターはオプション設定になっていないため、
GグレードやXグレードでは、装備する事ができない事です。

一応Gグレードのセンターコンソールを確認したのですが、このようなデザインに
なっており、シートヒーターのスイッチが装備されていません。

これはかなり残念ですよね。

なので、もしシートヒーターが必要な場合は、Gレザーパッケージを購入するしか
ありません。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
車体本体価格は、最廉価モデルのXグレードで約329万円、Gグレードで
約350万をする高級セダン車です。

このクルマの車格を考えると、人気モデルのGグレードでもシートヒーターを
標準装備をしても良かったのかなと思いました。また、最低でもメーカー
オプション設定にして、装備できるようにする必要はあったのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに「新型カムリ(CAMRY)のGグレードでは、シートヒーターが
標準装備されていないのが残念。」
と文句を言ったところ…、

「同じような意見は、良くいただいております。」と、言っていました。

やはり私と同じように感じている人は、大勢いるようですね。

もしかしたら、今度発売される特別仕様車には、シートヒーターが
標準装備されているかもしれませんね。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)に
シートヒーターが装備されているか確認したところ、このようになっていました。

最上位モデルのGレザーパッケージに標準装備されているのは当然だとは思いますが、
人気モデルのGグレードにシートヒーターが装備されていないのは、少々残念でした。
また、メーカーオプション設定になっていないのも残念でした。

このようにトヨタの新型カムリ(CAMRY)の最上位グレード”Gレザーパッケージ”以外の
モデルでは、シートヒーターを装備する事ができないので、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です