トヨタ新型カムリの荷室サイズ【競合車のアコードと比較してみた】

北米で高い人気を誇るトヨタのセダン車新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月に
フルモデルチェンジをして新発売されましたね。

今回新しいプラットフォーム”TNGA”を採用して、スポーティーなデザインに
生まれ変わったこの新型モデルですが、荷室・ラゲッジスペースの広さ&
使い勝手の良さもこのクルマの魅力の一つです。

先日、この新型カムリ(CAMRY)を見に行ってきたのですが、後部座席の
背もたれを収納して、広い荷室・ラゲッジスペースにするトランクスルーが
装備されるなど、とても使いやすいデザインになっているように感じました。

そんな新型カムリ(CAMRY)の荷室サイズは、どのくらいなのでしょうか?

また、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのアコード(ACCORD)の荷室・
ラゲッジスペースと比較すると、どちらの方が広いのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルと競合車の
荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ新型カムリと競合車の荷室サイズ比較

2017年7月にフルモデルチェンジをして新発売された10代目新型カムリ(CAMRY)の
荷室・ラゲッジルームは、このようなデザインは、このようになっています。

■新型カムリの荷室ラゲッジスペース

開口部も広く荷物の積み降ろしがラクそうですね。

荷室・ラゲッジスペースの扉にはダンパーが装備され、高級車らしく
スムーズに開け閉めができるのも好印象でした。

また、この新型モデルでは、トランクスルーも装備され、長尺物も
積みこめるようになりました。

■新型カムリのトランクスルー

セダン車なので、荷室の高さはかなり低いですが、荷室・ラゲッジスぺースの
奥行きも広く、十分に満足できるサイズ&使い勝手の良さになっているように
感じました。

競合車のホンダ アコードの荷室はどんな形?

一方、新型カムリ(CAMRY)の競合車・ライバル車の一つでもある
アコード(ACCORD)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型アコードの荷室・ラゲッジスペース

荷室の開口部の横幅は、新型カムリ(CAMRY)に劣らない感じが…。

ただ、このクルマは荷室・ラゲッジスペースにトランクスルーも装備されておらず、
荷室の使い勝手は、新型カムリ(CAMRY)に劣るように感じました。

新型カムリとアコードの荷室を比較してみると…

このようなデザインになっている新型カムリ(CAMRY)とアコード(ACCORD)の
荷室サイズを比較してみると、このような違いがありました。

■新型カムリとアコードの荷室サイズ比較
・トヨタ 新型カムリ
荷室長:約1,160mm
荷室幅:約 780mm
・ホンダ アコード ハイブリッド
荷室長:約730mm
荷室幅:約790mm
※新型カムリの荷室長は、後部座席を使用した時の数値です。

この2台のモデルを比較すると荷室幅はほぼ同じになっているのに対し、
荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、全く異なります。

一目見て、新型カムリ(CAMRY)の方が荷室・ラゲッジスペースの方が広いは
スグに分りましたが、まさかこれほど荷室サイズに違いがあるとは、夢にも
思いませんでした。

また、先ほども申し上げましたが、ホンダのアコード(ACCORD)には、後部座席の
背もたれを収納して荷室・ラゲッジスペースを広くするトランクスルーは、用意
されていません。

もし荷室・ラゲッジスペースの広さを重要視する人は、ホンダのアコードよりも
新型カムリ(CAMRY)の方がピッタリなのかなと思いました。

この2台のモデルでは、ゴルフバックの積載量にも違いが…

このようにこの2台のモデルは荷室・ラゲッジスペースのサイズが異なるので、
ゴルフバックの積載量にも違いがあります。

■新型カムリとアコードのゴルフバックの積載量比較
・トヨタ 新型カムリ
ゴルフバックの積載量:4個
・ホンダ 新型アコード ハイブリッド
ゴルフバックの積載量:3個

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の方が、
ゴルフバックの積載量でも優れています。

私もゴルフをするので分かるのですが、ゴルフバックを4個積みこめるのと、
3個しか積みこめないのでは、大きな違いがありますよね。

この違いを見ても、アコード(ACCORD)よりも新型カムリ(CAMRY)の方が
良いのかなと、私は思ってしまいました。

2017年7月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
荷室サイズは、このようになっていました。

また、このクルマの最大の競合車・ライバル車でもあるホンダのアコードと
荷室サイズを比較してみたところ、このような違いがありました。

この2台のモデルの乗り心地はどちらもとても良く、甲乙をつけがたいです。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの広さ・使い勝手に関しては、
今回新発売された新型カムリ(CAMRY)の方が圧倒的に良いなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です