トヨタ新型カムリの内装【3つのグレードのインテリアを実車画像で確認】

“セダン車の復活”をコンセプトに開発をされたトヨタのスポーティーな
セダン車新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月にフルモデルチェンジを行いましたね。

今回トヨタの最新のプラットフォーム”TNGA”を採用した新型モデルは、低重心化して
スポーティーさが増したデザインになりましたが、内装・インテリアも大幅に変わり、
スタイリッシュなデザインに…。

先代モデルよりも格段に良いデザインに生まれ変わりました。

そんなトヨタの新型カムリ(CAMRY)の内装・インテリアは、グレードによって
デザインや装備・機能が異なります。

先日、この新型モデルの全グレードの内装・インテリアを確認する事ができたので、
実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カムリの内装1:Xグレード

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
最廉価モデル”Xグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

このXグレードの内装・インテリアは最廉価モデルらしく、他のグレードよりもシンプルなデザインになっています。

他のグレードよりもデザイン性で劣る内装・インテリア

この新型カムリ(CAMRY)のXグレードの内装・インテリアのインテリアの各装備は、
他のグレードよりもワンランク劣ります。

例えば、ハンドル・ステアリングホイールは、ウレタン製になっています。

■Xグレードのハンドル・ステアリングホイール

このクルマの車格を考えると、ちょっと残念ですよね。

また、このXグレードでは、センターコンソールにブラックのパネルを採用しており、
GグレードやGレザーパッケージなど上位モデルよりも劣ります。

■Xグレードのセンターコンソール

このセンターコンソールのデザインもGグレードやGレザーパッケージと比較すると、
かなり見劣りするように感じました。

シートはGグレードと同じデザインを採用

このように内装・インテリアの各装備のデザインは他のグレードよりも見劣りをする
Xグレードの内装・インテリアですが、シートのデザインは、このようにGグレードと
同じファブリックシートを採用しています。

■Xグレードのシート

このXグレードのシート調整はマニュアルなのはちょっと残念でしたが、
シートの座り心地やデザイン性は、十分に満足できる仕上がりになっている
ように感じました。

新型カムリの内装2:Gグレード

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の一番人気の
モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

Xグレードと内装・インテリアのデザインが全く違いますよね。

車格に相応しいデザインになった内装・インテリア

この新型カムリ(CAMRY)のGグレードの内装・インテリアの大きな特徴の一つは、
Xグレードよりも格段に良くなった内装・インテリアのデザインです。

例えばXグレードでは、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを
採用していましたが、このGグレードからは本革巻きのハンドルを標準装備。

■Gグレードのハンドル・ステアリングホイール

スムースレザーを採用しているので、ちょっとツルツルとした握り心地は
少し気になりましたが、見た目は格段に良くなりました。

また、センターコンソールも光沢感のあるブラウンカラーのタイガーアイ調の
パネルを採用。

■Gグレードのセンターコンソール

この新型カムリ(CAMRY)のGグレードの内装・インテリアは、Xグレードと比較して、
グッとスタイリッシュさが増したように感じました。

シートのデザインは、Xグレードと一緒

このGグレードのシートは、Xグレードと同様のファブリック素材になっていました。

■Gグレードのシート

なので、座り心地はXグレードと変わりません。

ただ、このGグレードでは電動パワースライドシートになっているので、
Xグレードよりも利便性は格段に高くなっていました。

新型カムリの内装2:Gレザーパッケージ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の最上位モデル
“Gレザーパッケージ”はブラックとベージュと異なるカラーの内装色を
用意しています。

こちらは定番のブラックをした内装・インテリア。

スタイリッシュで引き締まった雰囲気のある内装・インテリアになっていました。

一方、こちらはGレザーパッケージのみに用意されているベージュカラーの
内装・インテリア。

ブラックの内装色と雰囲気が全く異なりますよね。

インパネだけではなく、センターコンソールに装着されているセンター
アームレストやシートまですべてがベージュカラーになっているので、
ブラックの内装色よりも明るく開放感のあるデザインに…。

汚れなどはかなり目立ちそうですが、オシャレ感を追求するのなら、
ブラックよりもこのベージュの内装色の方が良いのかなと思いました。

Gグレードよりも装備が豪華に…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
最上位モデルの”Gレザーパッケージ”は、他のグレードよりも豪華な装備を
装着しているのも特徴の一つです。

例えば、8インチサイズのTコネクトナビ(T-Connect NAVI)が標準装備
されているのは、このグレードだけです。

■Gレザーパッケージに標準装備されているナビ

また、それ以外にもヘッドアップディスプレイ(HUD)や前席シートヒーターなど
他のグレードではオプション設定になっている装備が、このGレザーパッケージでは
標準装備されています。

車体本体価格は他のグレードと比較してかなり高くなりますが、
他のグレードでは用意されていない豪華な装備が標準装備されるのは、
新型カムリ(CAMRY)のGレザーパッケージの特徴の一つなのかなと思いました。

シートは唯一本革仕様に…

また、新型カムリ(CAMRY)の最上位モデル”Gレザーパッケージ”の
大きな特徴の一つが、シートに使用されている素材です。

このグレード名の通り、このGレザーパッケージでは、このクルマで唯一
本革シートを採用しています。

ファブリックシートを採用しているXグレードやGグレードのシートよりも
かなり高級感のあるデザインに…。

また、意外と低反発のクッションを採用しているので、スポーティーセダン車に
乗っているような座り心地に…。個人的には、この座り心地の良さも好印象でした。

そして、運転席には8ウェイ、そして、助手席には4ウェイのパワーシートが
装着されるのもこのグレードの特徴の一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)のそれぞれの
グレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

グレードによって、内装・インテリアのデザインがかなり異なりますよね。

もちろん値段などの問題もありますが、せっかく内外装のデザインの良さが
魅力の新型カムリ(CAMRY)を購入するのなら、個人的にはGグレード以上の
モデルを購入した方がこのクルマの良さを味わえるのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です