試乗で良いと思った事は?新型カムリのセンターコンソール実車画像インプレ

スポーティーなデザインに生まれ変わったトヨタの新型カムリ(CAMRY)が、
2017年7月、フルモデルチェンジをして新発売されましたね。

今回デビューをした10代目モデルは、先代モデルよりもスタイリッシュなデザインに…。また、内装・インテリアもオシャレなデザインに生まれ変わりました。

>>> トヨタ新型カムリの内装【3つのグレードのインテリアを実車画像で確認】

そんなモデルの内装を確認していて印象的だったのが、センターコンソール。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
センターコンソールは、自動パーキングブレーキやオートブレーキホールドが
搭載され使い勝手が格段に良くなりました。

また、シフトレバーのデザイン&使い勝手も格段に良くなりました。

そんな新型カムリ(CAMRY)のセンターコンソールのデザインや使い勝手を
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カムリのセンターコンソール画像インプレ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
センターコンソールは、2種類のデザインを用意しています。

こちらは、最廉価モデルのXグレードのセンターコンソール。

そして、こちらは人気のGグレードやGレザーパッケージに採用されている
センターコンソールです。

Xグレードは見た目がシンプルなブラックのパネルをセンターコンソールを
採用していたのに対し、上位モデルのG系グレードは、インパネのデザインに
マッチをしたタイガーアイ調のパネルを採用。

G系グレードのセンターコンソールはより高級感のあり、車格に相応しい
デザインになっているように感じました。

新型カムリのセンターコンソールの各装備を徹底チェック

今回フルモデルチェンジをした新型カムリ(CAMRY)のセンターコンソールには、
次のような装備が配置されていました。

・シフトレバー
・ドリンクホルダー
・アームレスト付きセンターコンソールボックス

この新型モデルのセンターコンソールに備わっている各装備のデザインや
使い勝手を隅々まで確認していきたいと思います。

装備1:シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)は
ハイブリッド車ですが、プリウスなどに採用されている電子式ではなく、
一般的なデザインのシフトレバーを採用しています。

■新型カムリのシフトレバー

本革をシフトブーツを採用しており、かなりオシャレですよね。

また、このDレンジから右へ動かしてSレンジにすると、マニュアルモードに
する事が可能です。

山道を運転する時にはこのマニュアルモードはとても助かるのですが、
個人的にはハンドルを握ったまま操作をする事ができるパドルシフトも
装備をして貰いたかったです。

シフトレバーの後方には、様々なスイッチが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
シフトレバーの後方には、ドライブモードを切り替えスイッチやEVモードスイッチ、
電動パーキングブレーキスイッチなどが配置されています。

■新型カムリのドライブモード切替スイッチ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのスイッチで
良いと思ったのは、各スイッチが独立したデザインになっている事。

実はトヨタの人気ハイブリッド車”新型プリウス(Prius)”では、このクルマのように
エコ/ノーマル/スポーツモードのスイッチが独立しておらず、一つのスイッチを
何回も押して切り替えるデザインになっていたんですよね。

なので、ドライブモードを切り替えるのが、ちょっと面倒でした。

それに比べて、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
ドライブモード切替スイッチは独立したデザインになっていて、使い勝手が良いが
とても好印象でした。

このスイッチの操作のしやすさは、新型カムリ(CAMRY)の私のお気に入りの
ポイントの一つです。

また、Gレザーパッケージでは、このセンターコンソール部分に3段階で
切替可能なシートヒーターのスイッチが標準装備されますよ。

装備2:ドリンクホルダー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
センターコンソールには、フロントシートようにドリンクホルダーが
2つ用意されています。

■新型カムリのドリンクホルダー

このドリンクホルダーは、ドリンクがガタガタと動かないように固定をする
ストッパーも用意されており、また、底には吸音効果もあるゴムパネルが
装着されているのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルのドリンクホルダーの個数や使い勝手は、
こちらの記事に詳しく書いてあります。

>>> 新型カムリのドリンクホルダー画像レビュー【使い勝手や操作性はどうだった?】

もしドリンクホルダーの使い勝手などを詳しく確認したい方は、
こちらの記事を確認してみてくださいね。

装備3:アームレスト付きコンソールボックス

今回フルモデルチェンジをしたこの新型モデルのセンターコンソールでは、
アームレスト付きのコンソールボックスが全グレード標準装備されています。

■新型カムリのアームレスト付きのコンソールボックス

このコンソールボックスの蓋を開けてみると、このような感じ。

かなり広いですよね。
また、このように500mlのペットボトルがスッポリと収納できるくらい
深さも十分です。

ディーラーさんに確認したところ、なんとこのクルマのコンソールボックスの
容量は、1.4リットルもあるそうです。なので、CDなら約22枚も収納する事が
できるようです。

また、横幅や奥行きもも大きいので薄型のボックスティッシュもスッポリと
収納する事ができるようです。

個人的には、置き場所に困る、また、生活感がでやすいボックスティッシュを
このスペースに置いておくのが、良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
センターコンソールは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのセンターコンソールはデザイン性が良くなっただけでなく、
独立したデザインになっているドライブモード切替スイッチなど使い勝手が
良くなっているのも好印象でした。

もしこれから新型モデルを見る際は、センターコンソールの使い勝手にも
注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です