新型アルトワークスの荷室の画像レビュー【残念に感じたことは・・・】

新型アルトワークス画像0013

新型アルトワークス(Alto Works)が15年ぶりに復活しましたね。

この新型アルトワークス(Alto Works)の特徴のひとつは、走りに特化した
スポーツモデルにもかかわらず、4シートならではの使い勝手の良さですよね。

新型アルトワークス(Alto Works)では最大4人まで乗車する事が可能ですし、
また、荷室・ラゲッジスペースも装備されています。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認してきました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

アルトワークスの荷室画像1:後部座席使用時

今回新発売された新型アルトワークス(Alto Works)の後ろからの様子は、
このようになっています。

新型アルトワークス画像0008
新型アルトワークス画像0015

そして、実際にラゲッジゲートをあけるとこのようになります。

新型アルトワークス画像0043

開口部は楕円形のような形になっており、とても広いと思いました。

そして、後部座席を使用したときの荷室・ラゲッジスペースは、
このようなサイズになっています。

新型アルトワークス画像0045

今回新発売された新型アルトワークス(Alto Works)の荷室・ラゲッジスペースの
奥行きは1,340mm。

近所のスーパーマーケットなどの買い物袋を置くのには十分な広さが
ありますが、旅行用のスーツケースや家具・家電を置くのには
ちょっと厳しいかもと思ってしまいました。

また、新型アルトワークス(Alto Works)では後部座席を前後に
スライドする事ができないので、荷室の奥行きを広げる事が出来ないのが
少し残念に感じました。

今回久しぶりに発売された新型アルトワークス(Alto Works)の荷室サイズは、
ベースとなっている新型アルトターボRSと全く同じデザインになっています。

また、基本的にデザインも全く一緒。
なので、個人的にあまり目新しさはありませんでした^^;;

アルトワークスの荷室画像2:後部座席を格納時

また、新型アルトワークス(Alto Works)の荷室・ラゲッジスペースはベースと
なっているアルトターボRSと同様に後部座席を格納して広くすることが可能です。

実際に荷室・ラゲッジスペースを広くするとこのようになっています。

新型アルトワークス画像0046

このようにすると広さも十分ですよね。
後部座席を使用時では家具や家電を積むことは難しい印象を持ちましたが、
このような状態にすれば十分な広さを確保できるように感じました。

新型アルトワークス画像0047

また、若干の手前下がりになっていたのは気になりましたが、
後部座席の背もたれの部分で段差ができずにとても使いやすい印象を持ちました。

新型アルトワークスの荷室で気になった事

ただ、この新型アルトワークス(Alto Works)の荷室・ラゲッジスペースで
残念に感じたのは、後部座席を左右独立して格納できないこと。

なので、もし新型アルトワークスのラゲッジスペース・トランクを広げるために
後部座席を格納すると、まるまるリアのスペースが潰れてしまう事に・・・。

つまり、後部座席を格納すると2人乗りになってしまいます。

最近の軽自動車の多くは左右独立して後部座席を格納できるクルマが
増えているので、この点は少し残念に感じてしまいました。

また、ラゲッジゲートを閉める時に手を添えるグリップのようなモノが
装備されていないのも欠点に感じました。

新型アルトワークス画像0048

今回久しぶりに発売された新型アルトワークスの荷室・ラゲッジスペースは、
このようになっていました。

後部座席を左右独立して格納できないなど多少残念な部分もありましたが、
この実用性の高さはとても魅力的でした。

これならクルマの詳しくない奥さんを説得しやすそうですね^^
この走破性と実用性の両立はとても良いと思いました。

>>> 新型アルトワーク専用の装備は何がある?エクステリア偏はコチラから

このように新型アルトワークス専用の装備が多くあるのなら、荷室・ラゲッジスペースも
専用の装備やデザインにしても良かったかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です