【注目の5つの専用パーツを紹介】新型アルトワークスのインテリア

新型アルトワークス画像0010

スズキから新型アルトターボRSに続くスポーティモデルとして
新型アルトワークス(Alto Works)が2015年12月24日に発売されましたね。

私も早速この新型アルトワークの発売日に試乗に行ってきたのですが、
ターボRSよりもさらにスポーティーな走りになっていて、大満足

また、内装・インテリアも専用パーツが多く装備されており、
走りの楽しさを体感できるようなデザインになっていました。

そんな新型アルトワークス(Alto Works)の内装・インテリアの5つの
注目すべき専用パーツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

専用パーツ1:レカロシート

今回新発売された新型アルトワークス(Alto Works)の内装・インテリアの
一番の注目の装備は、フロントシートに採用されているレカロシート。

この新型モデルに搭載されたレカロシートは、このようなデザインに
なっています。

新型アルトワークス画像0050

ブラックが基調になっている新型アルトワークス(Alto Works)の
内装・インテリアにマッチしたグレーのレカロシートを装備。

ちなみに、このレカロシートは軽自動車のボディサイズに納まる専用サイズに
なっているそうです。

実際に新型アルトワークス(Alto Works)のレカロシートに座ってみたところ、
若干腰まわりは若干狭い感じはしましたが、シートのサイズが小さいなど
特に不満は感じませんでした。

新型アルトワークス画像0052

ただ、少し体系が大きい人が座ったら小さく感じるのかも!?と思いました。

専用パーツ2:シフトレバー

今回新発売された新型アルトワークス(Alto Works)の特徴のひとつは、
マニュアル(MT)が用意されているということですよね。

新型アルトワークス画像0056

そして、この新型アルトワークス(Alto Works)のマニュアル車のシフトレバーも
専用デザインになっています。

このシフトレバー自体のデザインもカッコいいのですが、
注目してほしいのはシフトブーツの部分。

新型アルトワークス画像0057

今回新しく発売された新型アルトワークス(Alto Works)のシフトブーツも
赤いステッチが入った専用のデザインになっています。

このシフトレバー&シフトブーツのデザインも注目ですよ。

専用パーツ3:ステンレス製ペダルプレート

また、新型アルトワークス(Alto Works)の運転席の足元を見ると、アクセルや
ブレーキペダル・クラッチはこのようにステンレス製になっていました。

新型アルトワークス画像0055

ちなみに、ベースとなっている新型アルトターボRSのペダルは、
このようにゴム製のような素材。

新型アルトターボRS画像0077

見た目のスタイリッシュさがやはり異なりますよね。

また、新型アルトワークス(Alto Works)と新型アルトターボRSでは
アクセルペダルなどを操作した感じもまったく異なります。

実際に試乗をした時にこのクルマのペダル操作をしたのですが、
アクセルペダルやブレーキペダルの踏み応えが絶妙でした。

個人的には見た目も操作性もコチラのクルマの方が好みでした。

専用パーツ4:ワークス専用メーター

また、新型アルトワークス(Alto Works)では専用のメーターを装備。

新型アルトワークス画像0042

スピードメーターやタコメーターのリング部分が赤いデザインになっており、
ブラック×レッドのインパネのデザインにマッチしていてい良いですよね。

また、メーターの左側のマルチインフォメーション上部に描かれている
“WORKS”ロゴの評判もかなり良いようです。

新型アルトワークス画像0041

新型アルトターボRSともう少し差別化を図っても良いのかなと思ったのですが、
このデザインもなかなか良いと思いました。

>>>新型アルトワークスとターボRS メーターの違い比較はコチラから

専用パーツ5:ワークス専用ステアリングホイール

また、新型アルトワークス(Alto Works)ではこのように専用の
ステアリングホイールを装備していました。

新型アルトワークス画像0053

シフトブーツにマッチした赤いステッチがオシャレですよね。

また、この新型アルトワークスのハンドル・ステアリングホイールで
良いと思ったのは、見た目よりにグリップ感。

新型アルトワークス画像0054

このワークスのハンドルでは手が触れる部分がちょうどグリップ力のある
ゴム状の素材になっていました。

新型アルトターボRSのハンドルよりも手に馴染む感じがして、
一瞬で気に入りました。

このハンドルの握り心地・グリップ感もぜひとも体感してもらいたい
ポイントの一つだと思いました。

新型アルトワークス画像0058

今回新発売された新型アルトワークスは、内装・インテリアだけでも
このような専用パーツ・装備がついています。

この新型アルトワークスは全店舗に試乗車を用意しているのではなく、
限られた大きめのディーラーのみに配車されているみたいです。

ただ、近所のディーラーさんにお願いをすれば、試乗車を用意してくれます。

もしこの新型ワークスが気になるなら、ぜひとも試乗をしてみてください。
圧倒的な加速力に驚くと思いますよ^^

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です