後部座席はリクライニング&スライドするの?新型アルトの機能

新型アルト画像0063

スズキのセダンタイプの軽自動車新型アルト(ALTO)
フルモデルチェンジをして新発売されましたね。

今回新発売された新型アルト(ALTO)の後部座席は分割されていない
シンプルなデザインになっていますが、足元空間は広々としていて
居住性・快適性に優れています。

>>> 新型アルトの居住性レビュー 足元・頭上空間はどうだった?

そんな新型アルト(ALTO)の後部座席で気になるが、最近の軽自動車では
当たり前の機能になりつつあるリクライニング機能やスライド機能が
装備されているのか?と言う事ですよね。

そこで先日このクルマを試乗した際、このクルマの後部座席には
リクライニング機能やスライド機能が装備されているのか確認してきました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型アルトにリクライニング機能は装備されているの?

結論から申し上げまして、今回新発売された新型アルト(ALTO)の後部座席には、
リクライニング機能が装備されていません。

新型アルト画像0084

このクルマの後部座席はこのようになっているのですが、この状態から
背もたれの角度を調整する事はできませんでした。

おそらくコストの問題だと思うのですが、最近の軽自動車は後部座席の
リクライニング機能が装備されているクルマが多い事を考えると、
少し見劣りをしてしまいました。

座り心地はそれほど悪くない

残念ながら新型アルト(ALTO)の後部座席はリクライニング機能が
装備されていませんが、ただ実際に座ってみると、それほど座り心地は
悪いようには感じませんでした。

今回新発売された新型アルト(ALTO)の座面が適度に後ろ下がりになっており、
また、背もたれも垂直ではなく予め若干角度が付いてます。

新型アルト画像0082

このように背もたれも座りやすいように工夫されているので、
座り心地は見た目以上に快適でした。

実際にこの新型アルトの後部座席に試乗をした時に座ってみたのですが、
予想以上に腰の角度もラクで
長時間座っても疲労感は少ないのかなと思いました。

ちなみに新型アルト(ALTO)の競合車の一つでもあるホンダのセダン型軽自動車
N-ONE(Nワン)では、このように後部座席のリクライニング機能が装備されています。

Nワンローダウン画像0017 Nワンローダウン画像0016

リクライニング機能は羨ましいですが、調節できる角度はたったコレだけ。

N-ONE(Nワン)の後部座席をリクライニングは小さいので、新型アルト(ALTO)と
それ程座り心地に大きな違いはないように感じました。

新型アルトにスライド機能は装備されているの?

また、新型アルトの後部座席のスライド機能も確認したのですが、
リクライニング機能同様にが装備されていませんでした。

新型アルト画像0035

なので、新型アルト(ALTO)の後部座席の足元空間は調整する事ができません。

個人的にはリクライニング機能が装備されていない事よりも
後部座席のスライド機能が装備されていない事の方が残念でした。

理由は荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事ができないから。
後部座席のスライド機能のメリットの一つは、荷室・ラゲッジスペースの
奥行きを調整して、積載量を増やせる事ですよね。

ちなみに、先日同じスズキから発売された小型SUVの新型イグニス(IGNIS)は、
このように後部座席のスライド機能が装備されています。

スズキ新型イグニス画像0174

そのため荷室・ラゲッジスペースもこのように奥行きを調整する事ができます。

スズキ新型イグニス画像0206
スズキ新型イグニス画像0205

やはり荷物の量に応じて、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整できると
便利ですよね。特に新型アルト(ALTO)の荷室・トランクはこのように狭くなっていますし・・・。

新型アルト画像0029

新型アルト(ALTO)にも後部座席のスライド機能が装備されていたら、
さらに使い勝手が良くなったのかな~っと思いました。

個人的には新型アルト(ALTO)に後部座席のスライド機能が装備されていないのは、
少し残念でした。

ちなみに、このクルマの後部座席の足元空間はこのようになっています。

新型アルト画像0077

この窮屈感を感じさせない新型アルト(ALTO)の足元空間は好印象でした。

新型アルト画像0084

今回新発売された新型アルト(ALTO)の後部座席には、
お話した通りスライド機能もリクライニング機能も装備されていませんでした。

個人的に特に残念だったのは、後部座席のスライド機能。
できたらオプションでも良いので、後部座席のスライド機能だけは
装備してもらいたかったです・・・

このようにこのクルマの後部座席はリクライニング機能やスライド機能が
装備されておらず他の軽自動車よりもシンプルになっているので、足元空間の
広さや座り心地をしっかりと確認してくださいね。

また荷室の奥行きも調整できないので、この部分についてもしっかりと
確認してみてください。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です